バイク紀行 僕の舗装道 ~そうだ!ツーリングに出かけよう!!~

HONDA CB1300 SUPER BOL D'ORで綴るバイク紀行です。俳句紀行 奥の細道をもじって付けたタイトルです^^

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運転免許試験

本日、予定より一日早く運転免許試験に行ってきました。

運転免許試験とはいうものの、指定教習所卒業の為、学科試験は免除になります。
従って、免許申請手続きと交付のみです。(受付は平日のみで8:30~9:00)

今日は気合いを入れる必要もなかったのですが、例によって朝風呂とカフェイン注入した後、県の総合交通安全センターへ向かいます。

持ち物は、教習所でいただいた卒業検定合格証明書と免許申請書と受験票。
免許申請書は教習所の方でほとんど記入してくれていますが、健康に関する質問事項と署名が必要です。(昨夜、寝る前に記入しておきました。)
現在の免許証ももちろん必要ですので、忘れずに持って行って下さい。

8:20 現着

P1000009.jpg

県の総合交通安全センターです。

入り口から中のロビーに入ると、総合受付カウンターがあり、そこで手続きの受付場所を確認。
男性の職員でしたが、挨拶も対応も素晴らしいものでした。

二階の受付の方へ行くと、今度は女性職員の方が、手際よく案内をしています。

8:25 受付(手数料支払い)

受付開始時間前でしたが、書類を提示し手数料を支払いました。
ここの受付担当の女性職員も手際よく愛想よく、いい感じです。

8:30 視力検査

視力検査の開始アナウンスがあり、視力検査室の前へ。すぐ終了。

8:31 申請書と書類を窓口へ提出

ここの窓口は男性職員。
書類を見て、何か言ってるような。。。
非常に声の静かな方で、何を言っているのか聞こえません。
思わず身を乗り出して聞いてしまいました。

「お名前は?」と言っていたようです。

「○○○○ ○○○です。」

「□※○☆?▽。。。。。」

次の言葉も聞こえません。。。。

耳を手の平をあてて、身を乗り出して聞きました。

「失効とかの経歴はありませんね?」って言ってたようですが、

これじゃあ、自分が耳が遠いように見られてしまいます。

聞こえないそぶりをしているにもかかわらず、声のボリュームを上げることもなく、事務的にこなしやがって。。。
他の職員さんたちはいい対応をしてくれてたのに、君のせいで評価が下がるでしょ!!(怒)

以上で申請手続きは終了。待つこともなく、すんなり終了です。
次は写真撮影となりますが、指示された時間は9:30。

受付終了時間ギリギリに来たほうが、待ち時間が少なくて済んだかもしれません。
※これはあくまでも、ここでの状況です。
 受験者が少ないからですので、これを参考にしてギリギリの時間に受付に行くのはやめた方がいいと思います。

待ち時間は一時間弱。クルマに戻ってデジカメの取説を読んでおりました。

9:30 写真撮影

アナウンスがあり、写真撮影室の前に集合。名前を呼ばれた順に撮影室の前に並びます。
5番目ぐらいに呼ばれて列に並び、まもなく撮影が始まりました。
写真映りはもう気にしません。普通に真面目顔を作り、撮ってもらいました。

9:35 終了

30分ぐらいで免許は交付されるようです。
トイレに行って、売店でコーヒー買って、喫煙所でタバコ吸って。。。。
待合室に戻ってアナウンスを待ちます。

10:00 免許交付

30分も経たず、アナウンスがあり、窓口前に集合。
順番に免許が渡されます。免許の種類の発表はありませんでした。

新しい免許証が渡されました。
免許を追加すると、ゴールド免許が普通に戻るなんて噂もあったので心配していましたが、ちゃんとゴールドの免許をいただきました。

早速、免許の種類の欄を見てみましたが、目を凝らしてみても焦点が合いません。
免許を遠ざけてみると、今度は文字が小さすぎて見えません。
でも、中型(普通免許のこと)の他に一か所、なんか記入があります。

P1000014.jpg

こりゃぁ見えんわ

免許証の裏の備考欄には、普自二・2008年10月16日と記載されていました。

これで、普通自動二輪免許、げっとぉ~~~!!!です。

無事に(普自二)、免許取ることが出来ました。

これで、やっとバイクに乗れるぜい。400CCまでだけど。。。

皆さんからいただいた励まし、アドバイスのおかげです。ありがとうございました。

これで「そうだ!ツーリングに出かけよう!! ~免許取得編~」を完結することが出来ます。

本当にありがとうございました。m(_ _)m

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

| 普通二輪教習 | 18:49 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

卒業検定

7時半起床。

眠いです。

昨夜はなかなか寝付けませんでした。やはり緊張していたのでしょうか?
夜から降り始めた雨はまだ降り続いています。

雨の卒検かぁ。。。

歯を磨いて、顔を洗って。。。ヒゲも剃って行くかな。。。
時間も余裕だし、体を目覚めさせようと、朝風呂に入ることにしました。
昨日の夜は緊張してたみたいだけど、今朝は緊張はありません。
まだ目覚めてないからでしょうか。

ヒゲを剃り、洗髪し、湯船に浸かってリフレッシュ。
朝、お湯を浴びることで血液の循環が良くなり、眠気を解消してくれるだけでなく、脳の働きも活発
になるんだそうです。

教習所のロビー集合が9時半なので、9時に家を出れば余裕で間に合います。
朝風呂の後、コーヒーを入れて、カフェイン注入。
コースの復習とか、卒検にあたっての注意点とか再確認しようかとも思いましたが、下手に考えると
また緊張してきそうな気がしたし、かえって頭が混乱するような事は止めようと、何も考えないことに
しました。
コースについてはとりあえず3コース全て頭に入っているはずだし、ここで3通り復習してもやるコース
はひとつなんだから、あれこれ考えて混乱するよりもコースが発表になった時点でそのコースの事だ
けを考えればいいと思ったのです。

出発時間が近づき、身支度(勝負パンツをはこうかなと思いましたが、勝負パンツ、持ってません
でした。。。)を整え、仏壇に線香をあげて手を合わせてから出発。

降り続いていた雨が上がり、晴れ間が見えています。

よかった^^

この分だと、雨の卒検にはならなくて済みそうです。

教習所に向かう途中はこんな事を考えていました。
・コースの事は、発表があってから確認すれば大丈夫!
・安全確認は、普通にやれば大丈夫!
 最近、クルマを運転する時に、バイクに乗ってる感覚でシフトチェンジとか安全確認を意識的に
 やってたおかげでそれが身に付いているようです。
・普段通りにやれば大丈夫!
あとは、いつものテーマで走るだけです。

「走りにはメリハリを!股には力を!安全確認は見なくていいからハッキリと!」

最後に暗示をひとつだけ。
エンジン始動する前にバックミラーの調節が出来たら合格!!

これで緊張は無くなりました。
※と、その時は思ってましたが、ブログにアップしようとこの部分を読み返してみると、ぐだぐだ
 こんな事を考えていたということは、やっぱ、緊張してたんでしょうねぇ。
 でも、緊張は無くなったと思えてたんだから、結果良しとしましょう。

教習所には10分前ぐらいに到着。
卒検2回目の「一本橋の苦手だったおじさん」も来ています。
今日の卒検受験者は全体で9名。
普通車3人、特車2人、普通二輪2人、大型二輪2人のようです。
普通車、特車、二輪それぞれの教室に分かれ、担当教官より卒検の説明がありました。

ここで検定コースの発表。

大型二輪は検定コース1。普通二輪は検定コース2です。

検定コース2。。。。大丈夫です。把握しています。

次に通過目標タイムの確認。

一本橋の通過目標タイムは、普通二輪7秒以上、大型二輪10秒以上。
スラロームの通過目標タイムは、普通二輪8秒以内、大型二輪7秒以内。

続いて、その他の確認。
・二輪課題コース内ではウインカーは出さなくても良い。
・急制動後の発車時、ウインカーは出さなくても良い。
・などなど
  ウインカーを出してもかまわないということだったので、いつも通りで走ることにしました。

次に質疑応答。

ここで、例の「卒検2回目の一本橋の苦手だったおじさん」が挙手。
検定中止になるのはどういう場合かなんて事を言い始めました。

いまさらネガティブな事を考えても無意味なので、この辺りは聞き流しておきました。

最後に、検定順の発表。

「普通二輪、大型二輪の順でやります。」

で、普通二輪では私が先。ということは、トップバッターです。
望むところです。先にやった方が緊張しなくて済みそうです。

以上で説明は終了。バイク置き場に集合です。

「それぞれバイクを出して下さい。どれでもいいです。」

検定に使用するバイクは、こちらで決めていいようです。
すかさず私は、昨日の教習で乗った1号車をバイク置き場から出しました。
大型の方は、新車の方を選んだようです。

まずは、教官が今日の検定コースを模範走行。
普通二輪用検定コース2を走ってくれました。
普通二輪用検定コース2は、最初に急制動、坂道発進があり、その後メインコースを巡り、最後に
二輪課題コースに入るというコースです。

教官の紹介を忘れてましたが、一度も担当にならなかった教官で、この教習所のなかで一番おちゃ
らけた教官です。そのおちゃらけぶりは後ほど。。。

この教官の走りは、メリハリはないし、あんまり好きじゃないです。

ひととおり検定してみましたが、ま、減点無しでしょうか。。。

続いて、大型二輪用検定コース1を走ってくれました。
ここで大型を受ける彼(30代後半)がボソっッと。。。

「あの教官、コース間違えたね」

しばらくすると教官が戻ってきました。

「コース忘れちゃったよ」

大型の検定受検者とコースを確認した後、再走行。
今度は間違えなかったようです。大型二輪のコースは普通二輪より少し長いようでした。
メインコースから最後の二輪課題コースへ。
まずは一本橋。さすがに10秒は長いです。
教官、見事に最後のところで落下。

はい、検定中止!!

昨日のみきわめ前の時間に大型二輪を教えていた教官と比べると、全然レベルが違います。
大型を受ける彼(30代後半)に話によると、その時の教官がこの教習所で一番上手い教官との
事でした。一本橋なんか20秒ぐらいでも行けるらしいです。教え方もすごくわかりやすいとのこと。
その教官からは一度も習ったことがなかったので、一度教えて貰いたいです。

おちゃらけ教官は、その後スラローム、S字、クランク、波状路と進みましたが、一番上手い教官と
比べてしまうと、いまいちでした。

検定前に悪い物見てしまったなという感じですが、逆にそのおかげで落ち着いた???
ん~、それは無いな。あきれただけです。

前置きがエライ長くなってしまいましたが、いよいよ私の番です。

スタート位置に付き、検定開始。

後方確認の後、乗車。

ふう~っと息を吐いて、バックミラーの調整!!

バックミラーの調整が出来ました。これで大丈夫です。

一連の動作を行い、スタート。

「走りにはメリハリを!股には力を!安全確認は見なくていいからハッキリと!」あとは普段通り!!

まずは急制動。速度40キロ確認。パイロンの位置確認。はいブレーキ!!
停止線の手前で停止。ロック無し。

次は、坂道発進。後ブレーキ制動。半クラッチ。エンジンの音が変わったら、後ブレーキを解除!!
発進完了。

続いて、メインコースをクリア。続いて、二輪課題コースへ。

まずは一本橋。ここでも一旦息を吐いてから、安全確認。スタート。
遠くを見て。危なくなりそうになったら、粘らずに通過しちゃうこと。。。。ぶれませんでした。

ギアをセカンドに入れて、スラロームへ。
ここはちょっと攻めた方がリズムに乗れる。。。。。行けました。

S字とクランク。
普通に、普通に!。。。。通過しました。

最後に、ウインカーを出して停車。一連の動作を行い、降車。

検定完走!!

集中して走れました。上出来だと思います。

ここで、教官からコメント。

「一本橋の通過タイムは目標7秒以上に対し9秒24。」
「スラロームの通過タイムは目標8秒以内に対し6秒82。」
「公道に出ても、基本を忘れず安全運転でお願いします。」

タイムは両方ともクリアです。

「減点は?」

「大丈夫です。」

え?大丈夫です。って、減点無しってこと?減点あるけど合格ってこと?
どちらかは判りませんでした。

ふっ~~!!大きく息を吐いてしまいました。

終わりました~!!

続いて、「卒検2回目の一本橋の苦手だったおじさん」が検定です。

大きなミスはないようです。
問題の一本橋は。。。。あっという間に走り抜けました。どうやら減点覚悟の安全策をとった模様。
その選択は正しかったと思います。

その後は、大型二輪の検定。

二人ともさすがに安定してます。問題なさそうです。

途中、小雨がぱらついたりしましたが、無事検定終了です。ただ風が強かったので、少し寒かったです。

ロビーに戻り、しばし休憩。

そのうち、事務のおっちゃんが倉庫からなにやら看板らしき物を持って来て、玄関の前に置きました。

「今日、検定を受けた方、玄関前で写真を撮りますので集まって下さい。」

卒業写真???

なんだ、全員合格なのね???

合格発表のドキドキもへったくれもない、拍子抜けの流れです。。。

その後、教習室で封筒に入った書類を渡され、内容の確認。
中には、卒業証明書/卒業検定合格証明書と運転免許申請書、免許試験受験票が入っていました。
確認が終わったら、その書類を一旦回収されます。代わりに精算書を渡されました。
要は、精算書を持って会計に行き、教習料金の支払いを終えて、初めてその書類を渡すっていうこと
のようです。私はすでに支払ってあるので、そのまま書類を受け取って、卒業です。

帰りに卒業生にお土産が渡されました。
近くの洋菓子店のミニシュークリーム(5個入り)でした。
その箱には、祝卒業のシールと要冷蔵のシールが貼ってありました。

sotuken20081011.jpg

あ、ミニシュークリームの写真じゃなく、卒検合格証明書の写真でした^^;

しかし、うれしいものですね。
合格証明書を貰って教習所を出た後、教習開始当初に十数回のエンストに凹みながら虚脱状態で
夕陽を眺めていたあのベンチに座って、しばし浸ってしまいました。

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 22:34 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2段階8時限目

第2段階8時限目です。

第2段階8時限目の実施項目は、

17、教習効果の確認(みきわめ)

となっています。

そうです。みきわめです。これが終われば教習完了です。

教官は尾○教官(2度目です)。

同じ時間帯に教習する他の生徒は、二輪は私だけ。
四輪が数台。スキッドコースあたりに団体さんがいます。(企業の交通安全教習でしょうか?)

さて、教習に入ります。

教官から、慣らし走行をしてからコースを走るように指示があり、まずは外周コースへ。
教習車は前の時間に引き続き、一号車です。

安全な部分ではスラローム走行。四輪の教習車が近くにいるときは徐行という感じで外周で慣らし
走行。二周した後、検定コースに入ります。

外周外回りからだと走行方向が検定コース2の向きなので、まずは検定コース2から始めます。
途中から教官が後に付き、チェックを始めたようです。

教官はピカってる大型教習車(ホンダCB750)に乗ってます。
この時間は大型教習者がいないので、新車が空いていました。
教官も新車に乗りたかったようです。

外周路コースをクリアし、二輪課題コースへ。

まずは一本橋。この時間も安定していました。(検定の時も安定していますように(祈))
続くスラローム、S字、クランクもクリアし、スタート地点へ戻りました。

「はい。その調子で、今度は検定コース1やりましょうか。」

続いて、検定コース1のスタートです。
私が先に走り、教官は後からチェック。

赤信号で止まった時、教官が隣に停車しました。

何か指摘されるのかな???

と、思ったら、

「大型の免許は取らないの??」

また勧誘のようです。

みきわめ中だっちゅうに(-_-)

「新車で教習出来るよ!」

ほんとかねぇ。さっきの時間は教官が新車に乗って、生徒は古い方に乗ってたけど。。。
まだ、教習者の為のチューニング(細工?)が終わってないのかな???
などと考えながら、

「大型の免許は、とりあえず中型バイクに乗ってからですかねえ。」
「でも、教習が楽しいから、すぐまた来ちゃうかもしれませんねぇ。」
「でも、もう雪も降って来ちゃうので、春になってからですかねぇ。」

と、ごまかしておきました。(だって、資金がございません。。。。。)

信号青に変わり、検定コース1の続行です。

外周路コース、二輪課題コースをクリアし、停止線で停車。

「うん、問題ないですね。その調子で走れれば大丈夫です。」

おお、これで行けそう?。。。よかった^^

「じゃあ。。。」

この後は、また検定コース1と2を交互に走行の指示かな?と思ったら、

「コース3っていうのが有るんですよ!」

なにぃぃぃぃぃぃぃぃい??


「コースさぁ~ん!?

今になってコース3なんか出してくるなよ~!!またこんがらがるじゃんさぁ~(-_-)
コースはもう大丈夫だと思ってたのにぃ。やられた。。。

「じゃあついてきて下さい。」

大詰めに来て、コース3の出現です。そのコースの全貌は。。。

次回へ続く!!

って切ってもしょうがないので、続けます。

二輪課題エリアから外周コースを右に出て、すぐ左折。さらにすぐの交差点を左折して、外周コース手前で一時停止。そこを右折。再び、すぐ内周コースに右折。見通しの悪い交差点で一旦停止。その後、交差点を突っ切って、踏切で一時停止。踏切通過後、外周コース手前で一時停止。そこを左折。外周を1/4周し、内周に左折で入り、信号のある交差点を通過。外周コースへ右折し、1/4周走って急制動。その後は外周コースから左にそれて坂道進入し、途中で停止。坂道発進をやって、外周コースに戻り、そこから2輪課題走行コースへ進入。まずは一本橋。次はスラローム。続いてS字、さらにクランク。そして停止線で停車。

これがコース3です。

「じゃあ、もう一度行きますね~。」

再びコース3を走行し、停止線まで戻ってきました。

なるほど。

でも、さっき「コース3」って言ってたよなぁ!? 「検定」は付いてなかったような気がするけど。。。
練習用のコースっていう意味???

一応、聞いてみました。

「今のコース3っていうのは、卒検でやることも有るんですか?」

「うん、こないだやったよ!」

やっぱ、コース3もあるんだ。。。

そういえばこないだ別の教官に、「卒検の時のコースは、1なのか2なのかっていうのはその時に
ならないと判らないんですよね?」って尋ねた時に、普通なら「そうです」とはっきり答えてもいいと
ころを、「う~ん、そうだねぇ」っていう感じで、なんとなく歯切れの悪い返事だったんです。

バイク置き場に置いてある検定コース図も1と2しかなかったので、てっきり2コースなんだと思って
ましたが、隠し球が有ったんですねぇ。
でも、なんでヒミツだったの???意図はよくわかりません。。。

「では、この後は検定コースの練習をして下さい。」

その後は、終了時間まで検定コース1と2とさぁ~んを順番に反復走行しました。
さすがに三つの検定コースを順番に走っていると、今走っているのは1だっけ?2だっけ?3だっけ?
とこんがらがってましたが、なんとか間違えずに走行出来ました。

最後に教官からアドバイスが。。。。

「その調子であれば大丈夫です。あとは、検定中止にならないように。。。」
「一本橋は早くてもいいから落ちないように。粘って落ちる人がいますけど、落ちたら即中止なんで」
「減点でもかまわないから早く通過した方が得策です。その後のスラロームのスピードにもつながるしね」
「あとは安全確認だけども、とにかくヘルメットを動かすように。」
「見てなくてもいいから。審査員はヘルメットの動きでしか判らないからね。」

とのことでした。

「検定申し込んで下さい。普通にやれば大丈夫だから!!」

ということで、みきわめOKでした。

教官にはんこを頂き、お礼を言って終了。

これで普通二輪教習全教程が終了です。

やったぁ~、おわったぁ~!!

いよいよ卒業検定です。

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 21:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2段階7時限目

第2段階7時限目です。

まるまる一週間ぶりの教習になりました。
天気は秋晴れ。まさに教習日和です。ちょっと暑いぐらいでした。

第2段階7時限目の実施項目は、

16、高度なバランス走行

となっています。

教官は高○教官(お初です)。

同じ時間帯に教習する他の生徒は、大型二輪1名、普通二輪で私の他に1名。
大型二輪はマンツーマン。普通二輪は2名教習となります。

大型二輪の教習生は、以前普通二輪で一緒に教習を受けたことのある「一本橋のとても安定して
いた彼」です。
どうやら私が休んでいる間に、一気に大型教習に突入した模様。

普通二輪教習を一緒に受けるのは、これまた以前(第一段階4時限目あたりで)一緒に教習を受
けたことのある「一本橋の苦手だったおじさん」です。
どうやら私が休んでいる間に、律儀に待っていてくれたようです。
※あとで聞いた話ですが、一度見極めが終わって卒検を受けたものの、落ちてしまったので、
 1時間補習を受けてからもう一度卒検に挑むとのことでした。

もともと大型教習車は一台しかなかったのですが、大型の教習車(ホンダCB750)が一台増えて
ました。新車のようです。ピカってました。

さて、教習に入ります。今回はコース走行。

外周を二周、スラロームで慣らし走行。その後、検定コース1と2を交互に走行との指示があり、
早速スタートです。

今日のバイクは1号車。一週間ぶりの乗車となります。感覚が鈍っていないことを祈りつつ、アクセル
を少しあけ、クラッチミート。

上々のスタートです。

安全確認をしつつ、外周路でスラローム。こちらもまずまず。

二周の慣らし走行が終わり、二輪課題コースへ入り、検定の開始線前で停車。
ここから検定コースの1と2を交互に走行です。

検定コースは教習所に向かう途中、頭の中で反復確認してきたので問題ないはずです。

ますは検定コース1から。

一週間、間が開いてしまった心配は杞憂に終わり、かえって好調のようです。
外周路コースをクリアし、二輪課題コースへ。

まずは一本橋。ここはちょっと心配です。

安全確認の後、スタート。

あれ?ぶれません。

時間も大丈夫だと思います。前よりかなり安定しています。
いままでこんなに安定して一本橋を通過できたことあったっけかな?

やっぱり一週間あけた好影響なのかもしれません。前より良くなってます。
続くスラローム、S字、クランクもクリアし、スタート地点へ戻りました。

教官からは、「うん、いいですよ。じゃあ検定2コースもやってみて下さい。」

今度は検定コース2を走ります。

検定コース2も問題なくクリアして停車。

「その調子で練習して下さい。」

教官からの指摘はありませんでした。

スピードにメリハリを付けてコースを周り、股に力を込めて一本橋を渡る。安全確認を忘れずに。

今日はこれを意識して走ってみましたが、うまく出来ています。

その後は、終了時間まで検定コース1と2を交互に反復走行しました。
さすがに検定コースを交互に走っていると、今走っているのは1だっけ?2だっけ?とこんがらがり
そうになったりしましたが、なんとか間違えずに走行出来ました。

今日のウインカーを操作しようとしてクラクションを鳴らしてしまった回数は1回でした。

そういえば、例の一本橋の苦手だったおじさんですが、今日も手こずっていたようでした。
やはり一本橋落下で検定中止だったのでしょうか?

教官はそちらにつきっきりで、たまにしか来てくれませんでした。

おかげでノビノビ走ることが出来ました。

やっぱり、バイクは楽しいです。

こんな感じで、第2段階7時限目の教習が終了です。

教官にはんこを頂き、お礼を言って終了。

そこで、また教官から同じことを聞かれました。

「大型の免許は取らないの??」

「大型の免許は、とりあえず中型バイクに乗ってからですねえ。」

「でも、教習が楽しいから、すぐまた来ちゃうかもしれませんねぇ。」

「もう雪も降って来ちゃうので、春になってからですかねぇ。」

と言っておきましたが、

「すぐ大型教習やった方が楽だよ!雪降る前に終わるって。」

と勧誘されてしまいました。

資金がございません。。。。。


次の時間は、いよいよ第二段階の最後、見極めです。

見極めに備えて、一服、一服。

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ


| 普通二輪教習 | 19:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2段階6時限目

第2段階6時限目です。

第2段階6時限目の実施項目は、

セット15、危険を予測した運転

となっています。

この時限は、シミュレータと学科のセット教習(2時間)となります。

教官は、おなじみ原○教官。

まず最初の時間はシミュレータ教習で、テーマは危険予測とケーススタディ。
これが教習最後のシミュレータ教習となります。

コースを何種類か走行して、振り返りチェック。

最初の頃に比べると、走行(いや、操作と言った方がいいかも)の方も、だいぶ上手くなってきました。
トリップもほとんど読める様になっています。

ですが、自転車に乗った少年、道端を歩く少女は、まるで当たり屋のように突っ込んできます。
最後なので、おもいっきりぶつかってあげることにしました。(^_^)v

シミュレータ教習が終了し、10分休憩の後、引き続き、学科教習です。

この時間はDVDを見ます。

最初のチャプターは、なぜか、「気をつけよう 高速道路の逆走」の巻。
高齢者教習の時によく見せる物らしいですが、なぜそれを選んだんでしょう??

案内役はお銀さん(由美かおる)。くノ一(くのいち)姿で登場です。
免許の更新に行った連中からよくお銀さん登場の話は聞いていましたが、これがそのビデオなんですねぇ。内容はというと、タイトル通り、高速道を逆送しちゃ危ないよということなんですが、確かに高速のパーキングから出るときに逆送する可能性もあるのかなとは思うものの、高速の本線合流レーンから本線に出て、そこをUターンなんてありえね~。と思ったら、高速道路の逆走は年間800件も発生しているんだそうです。だめですよ、そんなことしちゃ。ね。

その次のチャプターは、二輪の特性について。。。

出てきた映像は、見るからに古い映像です。かなり古いビデオをDVDに転用したもののようです。
映像に出てくるクルマも、かのジウジアーロがデザインした117クーペ(しかも丸目)や、マーク?(3代目)、一世を風靡した赤いファミリアXG、ランサーセレステ等々、まだドアミラーになる前の、懐かしいクルマのオンパレードでした。自分が初めて乗ったブルーバード910も出てました。バイクはホンダのVTかな??
二輪の特性というテーマでしたが、その内容は覚えてません。昔のクルマのことで、結局、教官としゃべっている間に終わってしまいました。

教官にはんこを頂き、お礼を言って、帰ってきました。

これで実車教習2時間を残すのみとなりました。
それが終われば、あとは検定ということになります。

見極めが終わったら、すぐ検定という形にしたいので、検定日を基準にその2時間の日程を決めた方がいいかもしれません。

検定は実施曜日が決まっているみたいですね。火、木、土のようです。

次の火曜日は、おそらく出張の日なのでおそらく無理。木曜もちょっと厳しいかもしれません。
そうなると、検定は次の土曜日になっちゃうのか。。。とすると、検定の申し込みが検定日前日の16時40分までなので、それまでに教習を終えておく必要がある。

とすると?

金曜日の14:40~と、15:40~で予約を取れば、16:30に修了印を貰って、すぐ申し込めば間に合うのか。。。万が一を考えて13:40~にしておいた方が無難かな?

となると、金曜の午後から半休を取ればいいのか。。。

一週間教習があいてしまいますが、ま、仕方ないですね。その間に、コースを再確認(もうおぼえちゃてる気もしますが。。。)して、イメトレでもやっておきます。

よしよし、これで、やっと、先が見えました。

 

次の準備に取りかかるかぁ!!

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 02:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2段階5時限目

第2段階5時限目です。

第2段階5時限目の実施項目は、

14、交通の状況および道路環境に応じた運転

となっています。

教官は尾○教官(お初です)。

同じ時間帯に教習する他の生徒は、大型二輪1名(同年代男性)、普通二輪で私の他に1名(30代後半?男性)。

大型二輪はマンツーマン。普通二輪は2名教習。一緒に教習を受けるのは、前回も一緒だった一本橋のとても安定している彼です。

今回は検定コース2の習熟とのことです。

その前に慣らし走行で、大型二輪の教官の先導でコースを回ります。
先導する教官の後について、大型二輪の教習生、続いて一本橋のとても安定している彼、最後尾に私の順で走行。
まずは、外周路を使ってスラローム走行。その後、四輪用のS字、クランクを走ります。

見ているとさすがに教官の走りはメリハリがあって綺麗です。その真似をして、メリハリに気をつけながら走ってみました。

今日のバイクは4号車。前回の実車教習の時に乗ったバイク(何号車か忘れました。号車のシールが貼ってないやつだと思います。)は、クラッチのミートポイントがかなり奥(クラッチレバーが開き切る直前ぐらいの位置です。)で、変な感じでしたけど、このバイクはミートポイントがちょうどいいところにあって、意識する必要がなくていい感じです。

慣らし走行が終わり、大型二輪チームと別れ、尾○教官のところへ。

今度は、尾○教官の先導で検定コース2を走行。

検定コース2は初めてだし、コース図の確認もまだしていなかったので、まずはコースを覚えます。

二輪課題エリアから外周コースを左に出て、早速急制動。その後外周コースから左にそれて坂道発進。外周コースに戻り、車線変更、内周コースに右折で入り、すぐの交差点を左折して、外周コース手前で一時停止。そこを右折。再び、すぐ内周コースに右折。見通しの悪い交差点で一旦停止。その後、交差点を突っ切って、踏切で一時停止。踏切通過後、外周コース手前で一時停止。そこを左折。そこから外周を半周して、車線変更。右折で2輪課題走行コースへ進入。まずは一本橋。次はスラローム。続いてS字、さらにクランク。そして停止線で停車。

もう一周、教官の先導で走った後、

「じゃあ。今度は前を走ってみてください。」

私が先頭で検定コース2を走ります。教官の先導で2周走ったので、どうやらコースは覚えたようです。

コースを数周して停車。

「その調子で練習して下さい。」

教官からの指摘はありませんでした。

スピードにメリハリを付けてコースを周り、股に力を込めて一本橋を渡る。を意識して走ってみましたが、一本橋はだいぶ安定して通過できるようになりました。落ちなかったです。(これも川向こうオヤジさん、WESTERさんのアドバイスのおかげです。師匠、ありがとうございます。)

終了時間まで検定コース2を反復走行しました。

今日の教習はナイターでしたが、ちょっと前はあんなに暑かったのに、走っててちょっと寒かったです。
ナイターだと、教習車に付いているランプでギアが何速かが判るのでいいなと思っていたのですが、ギアがセカンドの時の黄色いランプとウインカーの黄色い点滅が紛らわしく、何度かウインカーの消し忘れかと思い、ウインカーレバーに指を伸ばしてしまいました。

ウインカーレバーといえば、たまにウインカーレバーを操作するときにクラクションを鳴らしてしまいます。
教習時間中、少なくても2回は鳴らしてしまいます。

でも、メリハリを意識して走ったら、また楽しさが増えたような気がします。

こんな感じで、第2段階5時限目の教習が終了です。

教官にはんこを頂き、お礼を言って、帰ってきました。

 

ところで、第2段階の後半になってきたからでしょうか。教官連中から同じことを聞かれます。

「バイクはもう買ったの??」

「大型の免許も取るんでしょ??」

 

皆さん、おんなじことを聞いてきます。

 

「バイクはまだ検討中です。」

「大型の免許は、とりあえず中型バイクに乗ってからですねえ。」

「でも、教習が楽しいから、すぐまた来ちゃうかもしれませんねぇ。」

と言っておきましたが、

 

「すぐ大型教習やった方が楽だよ!」

「是非!お待ちしております!!」

 

と勧誘されてしまいました。

次は、セット教習らしいです。(シミュレータと学科を連続して受講とのこと。)
次が最後のシミュレータ教習ですね。

明日、時間取れるかなあ??

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 04:03 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2段階4時限目

第2段階4時限目です。

第2段階4時限目の実施項目は、

11、急制動
12、回避

となっています。

教官は前の時間に引き続き、五○○教官。

同じ時間帯に教習する他の生徒は、大型二輪1名(同年代男性)、普通四輪は無し、大型2台のようです。

今回は回避をやるとのこと。

慣らし走行の後、回避コースに移動。
教官は赤旗、白旗を持っています。
並んだパイロンの間を時速40キロで進入。その後、教官が上げた旗の色を判断して、指示通りに回避だそうです。

赤旗の場合は左、白旗の場合は右に回避、両方上げた場合は急制動とのこと。

さっそくトライ。

「白だったら右。白だったら右。白だったら右。白だったら右。白だったら右。。。」

と頭の中で繰り返しながら、コースに向かいます。

教官は右手に赤旗を持ち、左手に白旗を持って、パイロンの先でこちらを向いて立っています。

ここで、変なことが頭をよぎってしまいました。

この状態だと、色を判断しなくても、上がった手の方に曲がればいいじゃん。
でも、途中で旗を持ち替えたりされたら紛らわしくなるなあ。。。

昨日のWESTERさんのブログの記事が頭にあったからかもしれません。

時速40キロでパイロンの間に進入しました。

教官が上げたのは赤旗。

なぜか、右に回避してしまいました。

「スミマセン。間違えました。」

と言い残し、再びコースへ向かいました。

5~6回やったでしょうか。その後は、指示通り回避・急制動をすることができました。

頭をよぎった意地悪な指示はありませんでした。すみません。勘ぐり過ぎだったようです。

「お疲れ様でした。以上で回避は終わりです。」

「次は、コースを回りますので、後について走行してください。」

しばらく、覚えのないコースを走った後、検定コース1を走行。

「じゃあ。今度は前を走ってみてください。」

検定コース1を走ります。覚えているコースを走るのは余計な気を使わなくていいので集中できます。

コースを数周して停車。教官からの指摘がありました。

「左折が若干大回りになっています。」

言われてみれば、そうかもしれない。
これはシミュレータの影響(車両の位置の前後ズレの調整のせい?)かな??
もう一つの原因は、左折する場合、その手前でブレーキを使っていないからかもしれません。
アクセルを戻すだけで曲がれていたので、そうなってしまったのかも。ブレーキを使ってもっとスピードを落としてから左折するようにしま~す。

「一本橋で股が開くときがありますね。ニーグリップをしっかり意識してください。」

ん~、これもまた、言われてみれば、そうかもしれない。
ちょっとバランスを崩すと、体勢を立て直すのに足を開いてしまう癖が出ているようです。

「わかりました。気をつけま~す。」

ここで残り時間10分。

「残りの時間は自由練習とします。自由に走っていいので、5分ぐらい経ったら、バイクを戻して終わる準備をして下さい。」

「はい。」

腕時計外してるし、コースの時計の位置がわからない。。。5分の感覚も今持ち合わせていない。

「検定コースを何周すれば5分ですかね??」

「ん~、どのぐらいですかねえ。とりあえず走ってみて、5分ぐらい経ったら終わって下さい。」

わかりました。適当に判断します~。

てなことで、残りの時間は、スピードにメリハリを付けてコースを一周。その後、股に力を込めて一本橋を反復練習しました。

こんな感じで、第2段階4時限目の教習が終了です。

教官にはんこを頂き、お礼を言って、帰ってきました。

次の時間は、実車だったよね!?

明日はまた杜の都へ出張なので、教習に来る時間は取れず、明後日の予約をしておきます。

そういえば、明日の準備がまだできていない。

とっとと帰って、仕事しなきゃ (-_-)


ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 11:34 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2段階3時限目

今度こそ、第2段階3時限目です。

前回はダブルブッキングのせいで教習が一日延びてしましましたが、今回は問題なくシミュレータ教習を受けることができました。

第2段階3時限目の実施項目は、

シ10、カーブの体感走行

となっています。

教習開始以来、3回目のシミュレータ教習ということになります。
今回の教官は五○○教官。(顔は見かけていましたが、初めての教官です。年下と思われます。)

開始時間となり、教官とともにシミュレータ教室へ入り、教習簿を渡しました。
シミュレータ装置とパソコンに電源を入れ、立ち上がるまでの間、今までの教習についてや、バイクについてちょっとお話ししましたが、この教官、以前は2年くらいバイクを所有して乗っていたらしいのですが、なぁ~んか発言がバイクについてはネガティブなんです。
今回はシミュレータ教習のテーマが危険予測についてなので、その流れからの発言なのかなとも思いましたが、そうでもないような感じです。バイクの教習はするけれども、プライベートではもう乗らないし、あんまり好きじゃないっていう感じの印象を受けました。

こっちはもうすぐそこまで来ているバイクライフにウキウキなのに、水を差すような発言は控えて欲しいですよ。ホントに。。。

さて、シミュレータ教習の方ですが、テーマが危険予測。いろいろなコースを走ってみて、またいろいろなトリップが出現し、それを体験するようということになります。

今回は、前回の教習よりもさらに悪質なトリップが出現してきます。

今回出現した救急車はサイレンも鳴らし、赤色回転灯も付けていたので、ホントの救急車でした。

悪質なのは、こちらは停止して避けているのに、無理矢理ぶつかってくるトラック。
こちらが発進する瞬間に飛び出してくるバイクやクルマ。
一番ひどかったのは、歩行者の女の子が、その横を通過する瞬間にフライングショルダーアタックを喰らわしに来たことですね。

もう今回はいちいち怯えて走行することなく、ぶつかったらぶつかったでいいや。どうせシミュレータだし、普段体験できないことを体験して、今後の注意に結びつけりゃいいことだし。と割り切って走行しました。

3回目ともなると、ある程度トリップの出現タイミングは予測して対処できましたが、フライングショルダーアタックだけはかわせませんでしたね。

計5コースを体験して時間終了。

次は実車教習です。次の時間も五○○教官が見てくれるようです。。

シミュレータ教習はあと1回で終わりかな??

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 11:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2段階3時限目。と思ったら。。。

第2段階3時限目です。

第2段階3時限目の実施項目は、

シ10、カーブの体感走行

となっています。

今回の教官は山○教官。(入校初日、1時限目で教えていただいた教官です。)

この時間はシミュレータの予約がもう一人(若干ちゃらい感じの若者)いたようで、生徒二人の様です。

教習開始時間になり、山○教官の後に続いてシミュレータ教室に入りました。
そこで教習簿を渡し、二人の教習簿をチェックしていましたが、

「あれ?一緒にシミュレータ教習できないな!?」

なんと、

シミュレータ教習の内容が違うのに、一緒の時間に予約が入っているみたいです。

ダブルブッキングやないかぁ~い!! チリ~ン♪

「どっちが先に予約したんだろ!?」と言いながら、教官が教室を飛び出していきました。

しばらくして、事務のお兄ちゃん(入校案内してくれた彼です。)を連れて教官が戻ってきました。

ここでも申し訳なさそうに(ここで申し訳なさそうにするのは普通なんですがね、入校案内の時も同じような雰囲気だったんです。。。)、

「予約を受けた担当者が間違えてしまったようです。スミマセン。」

「どちらかの方に。。。。。」

シミュレータは一台しかないので、違う内容の教習は同時にできません。

予約の順番じゃないんかいな。

もう一人の彼は次の時間も予約が入っているみたいです。私の方は、次の予約はありません。

仕方ない。彼に譲るか。。。

「じゃあ、私が抜けますよ。」

「次の時間もシミュレータの予約が入っているので、今日は代わりの時間、取れませんが。。。」

「ま、しょうがないっしょ。次の予約を取って、今日は帰ります。」

事務の彼は、ホントに申し訳なさそうでです。

若干ちゃらい感じの若者も、「スミマセン。ありがとうございます。」と言ってます。

お~、礼儀はわきまえてるんじゃないの。ヨシヨシ。譲ってあげよう。

さすが、仏のま~さん。大人な対応!!

だって、さっき彼の教習簿が見えたんだけど、教習番号はかなり若い番号だし、はんこはいっぱい押してあったし、(教習簿に紙をつぎ足ししてるように見えたんです。)苦労してんのかなあ。。。なんて思っちゃったんです。

そこの若者、がんばれやぁ~い!! チリ~ン♪

ということで、譲って帰ってきました。

代わりの予約は明日になりました。

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 01:43 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2段階2時限目

第2段階2時限目です。

第2段階2時限目の実施項目は、

2、運行区分など
3、走行ポジションと進路変更
4、交差点の運行(直線)
5、交差点の運行(右折)
6、交差点の運行(左折)
7、見通しの悪い交差点の通行など
8、安全な速度と車間距離
9、カーブの安全走行

となっています。

今回の教官は原○教官。

同じ時間帯に教習する他の生徒は、大型二輪1名(同年代男性)、普通二輪1名(30代後半?男性)。四輪は3台のようです。

今回はマンツーマンではなく、30代後半?男性と一緒に教習です。

今回の教習内容はコース慣熟走行ということで、教官の後について検定コース1を走行しました。
もう一人の教習者の彼と走る順番を入替えながら何周かした後、教官の先導がなくなり、二人で順番を入替えながら終了時間までひたすら走りました。

今日は、珍しく四輪が3台も走っていたので、いつもより賑やかなコースでした。

二輪コースはというと、大型二輪の同年代男性が、どうやら入校間もないようで、一本橋、クランクにだいぶ手こずっていたようです。その為、しばしば停車して指示を受けていて、ちょっとお邪魔でした。大型二輪の教習を受けているのですから、当然、普通二輪の教習は終えているはずなわけで、そんなに手こずるもんなのかなあという疑問がわきましたが、久々の二輪運転なのでしょうか?それとも、それほど大型は難しいってことなんでしょうか?

普通二輪の彼は、発進後の加速を注意されていました。(ほとんど加速しないで走ってましたねえ。)あとは、合図の出し忘れ、消し忘れ。安全確認の忘れも指摘されていたようです。確かに、走りを見ていると、まだぎこちない感じを感じました。
でも、一本橋に関しては、すごく安定していて上手かったですねえ。時間も充分かけてたし、バランスも、まさに微動だにしないといっていいぐらい安定していました。

自分はといえば、今日乗ったバイクのクラッチのミートポイントがかなり奥だったので、最初のうちアクセルが煽り気味になってしまいましたが、全体的にうまく走れたんじゃないかと思います。(でも、端からみたらどんな感じなんでしょうね?)
一本橋に関しては、大型二輪の人よりはずっと安定していたと思いますが、普通二輪の彼ほどは安定はしていなかったと思います。

とりあえず、検定コース1は頭に入りました。

第2段階2時限目の教習が終了です。

教官にはんこを頂き、お礼を言って、帰ってきました。

次の時間は、またシミュレータ教習です。


ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 01:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。