バイク紀行 僕の舗装道 ~そうだ!ツーリングに出かけよう!!~

HONDA CB1300 SUPER BOL D'ORで綴るバイク紀行です。俳句紀行 奥の細道をもじって付けたタイトルです^^

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大型二輪教習(第1段階3時限目)

大型教習、第1段階3時限目です。

受付に行ったところ、一昨日対応してくれた事務員さんが、にっこり笑いながら、

「○○さん、一昨日はすみませんでした。今日は写真撮れますので。。。(^_^)v」

ということで、改めて写真撮影。

しばらく待つと、教習簿を持って来てくれました。写真が貼ってあります。
これで「かおなし」から解放されました。

教習予定表を見ると担当教官は○○教官。(名前、ど忘れしました。(^_^;))
初めての教官です。
教習者番号が二つ記入されていましたので、一緒に教習を受ける人がいるようです。

バイク置き場の前に移って、準備運動をしながら教官を待ちます。
そこにもう一人の教習者がやってきました。初めて見る顔です。
(30代なかば位。短髪で茶髪の体格のいい男性です。)
挨拶をして、ちょっと話をしましたが、彼は、二段階の後半のだそうです。


3時限目の実施項目は、

11、急制動
12、回避

となっています。(が、実際やることは違うことが多いです。)

ここで○○教官が登場。
ずっと管理職の人だと思っていましたが、教習もやる様ですね。

挨拶をして、さっそく、教習開始です。

教官は、二人の教習簿を見て、指示を出します。

彼の方には、二輪課題コースで練習。
私には、外周を二周走ってから、二輪課題コースへ来る様に指示がありました。

ヘルメット、グローブを装着し、さっそく走行に入ります。

CB750に跨り、(もちろん安全確認をしてからですよ~)、
キーをひねり(ミラーの調整をしてからですよ~)、
ニュートラルを確認してからセルスタート。
今回はほんのちょっと長めに押していたので、一発で始動です。

今回は、前回のトレッキングシューズとの感覚の違いを見るためにスニーカーで履いて来ました。
トレッキングシューズではつま先の大きさが微妙に気になっていましたが、スニーカーの方はつま先がそれほど大きくないので、違和感はありません。また、靴底が堅くて真っ平らの事については、特に問題は感じませんでした。
普通二輪教習の時はずっとスニーカーで通したので、慣れているのかも知れません。
なので、トレッキングシューズの方も、慣れれば問題ないのかなと思います。

外周を二周慣らし走行をした後、二輪課題コースへ向かいます。

一本橋、スラローム、S字、クランクの順に走ります。

まずは一本橋。

ハンドルでバランスを調整することと、半クラッチを意識しながら。。。

一回目、落ちました。

アクセルと半クラッチに気を使いすぎて、視線を遠くするのを忘れてました。

続いてスラローム。

あれ?前回に比べて、なんかぎこちないような。。。全然リズミカルじゃないです。

S字、クランクは問題ないと思います。

もう一度。

一本橋。

視線を遠くして、ブレたらハンドルで調整。アクセルと半クラッチと後ブレーキを意識して。。。

無事通過。

スラローム。

前回、上手く通過できていたのは、道幅の広いS字とクランクで走行練習をした後だったので、メリハリがあったのかも知れないと思い、メリハリを意識して走りました。

さっきよりはましになったかな? でも、アクセルオンのタイミングが若干遅いように思います。

この辺りで、教官と彼が回避の教習に入り、回避コースへ移動。

その教習が終わるまで、ひたすら一本橋、スラローム、S字、クランクを反復練習しました。

教官と彼が戻ってきて、次のテーマに入ります。

次は、検定コース練習のようです。

ここからは、教官と彼の走行について行く事になりました。
但し、私の方は大型に入ってからはまだ急制動を実施していないので、急制動の部分はやらなくていいとのこと。

教官と彼について行きます。

大型の検定コースは普通二輪の検定コースより若干長くなります。
ついでに大型二輪の検定コースを覚えちゃおうかなと思いましたが、まだいいか!?とうことで、コースは覚えずに、法規走行に集中して、ついて行く事にしました。
ふと、普通二輪の検定コースの通過順を思いだそうとしてしまいしたが、今後コースがごちゃ混ぜになってきそうな気がしたので、普通二輪のコースは頭から消し去ることにしました。

最初の二周は教官先導。その後は、彼が先頭で走行します。
途中、コースを間違えて教官にクラクションを鳴らされる場面もありましたが、大型検定コースも彼の頭に入ったようです。
私は、気楽に後について走るのみです。

しばらく走って、検定スタート地点へ戻ります。

残り時間5分とのことで、後は二輪課題コースで練習。

ここでも、彼の後について練習し、時間になって教習終了です。


という感じで、3時限目が終了しました。

次はオートマ教習らしいです。

そういえば、「CB750は、エンジンスタート時ニュートラルじゃないとセルが回らない」という情報を試す機会があったので試してみました。

あれ?それを試したということは、エンストしたって事??

「はい、また一本橋の上でやっちまったよ~!!」

その時に試してみました。

問題なくエンジン始動出来ました~!!。

あと、またウインカーの代わりにクラクションならしちまいました~!!

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

| 大型二輪教習 | 20:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

エンジン始動

CB1300と同じだとすると・・・
クラッチを切った状態ならエンジン始動出来ます。
スタンドは出してると、クラッチ切ってもエンジンは掛りません。
そんな訳で、坂道にバイクを停車させる時は、
1速に入れたまま、スタンド出してエンジン切りますw

大型教習順調なようですね♪
頑張ってください!

| 徹 | 2008/10/20 22:39 | URL | ≫ EDIT

むむむ。。

ギア入っててもセルは回ってエンジンかかりますか~
自分は掛からないと教えられた(>_<)
もしかしたら、古いタイプだった?
それとも。。。
騙された??
実は、試してみようと思っているうちに、卒業してしまったので。。。真実は闇の中です(>_<)

| WESTER | 2008/10/21 00:26 | URL |

コメントありがとうございます

>徹さん
ありがとうございます。
大型教習、頑張ります。

>WESTERさん
WESTERさんのブログにそう書いてあったので、そうなんだと思っていたのですが、ちょうど誰も見ていないところでエンストしたので試してきたんです。ローギヤでエンジンかかりました。

| ま~ | 2008/10/21 19:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://masatos1117.blog64.fc2.com/tb.php/85-338f551c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。