バイク紀行 僕の舗装道 ~そうだ!ツーリングに出かけよう!!~

HONDA CB1300 SUPER BOL D'ORで綴るバイク紀行です。俳句紀行 奥の細道をもじって付けたタイトルです^^

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2段階1時限目

教習8日目、第2段階1時限目です。

今日から第2段階に入ります。

第2段階1時限目の実施項目は、

シ1、路上運転に当たっての注意と法規走行

となっています。

シミュレータ教習です。前回のシミュレータ教習では、バイクを傾けてしまった為バランスを崩し、うまく運転できませんでした。ホント、実車と全然違うので、あまり好きではありません。

今回の教官は原○教官。(第一段階3、5時限目の教官です。)

テーマに沿った説明を受けた後、早速、シミュレータに乗車です。

今日はバイクを絶対倒さない様に気をつけていたので、走行というか操作自体はまずまずでしたが、一時停止でちょうど停止線で停止したつもりがかなり手前だったり、左折の時に縁石にこすったりと、今度は奥行きの感覚がかなりズレていたようです。
後から自分の走行結果を後からの映像だったり上からの映像を見て確認するのですが、上からの映像を見ると、スクリーンで見て感じる位置よりかなり手前にバイクがあり、奥行きのズレがはっきりわかりました。

走行コースの方は、いろんな罠が隠してあるようです。

後からの車、一時停止を無理して突っ込んでくる車、対向車 等。

この辺はある程度予測できるので問題は無かったのですが、バスの優先レーンとか、水たまりとか、救急車とかの罠も出現していました。

救急車が出現した時は、てっきり救急車に対する行動を取ればいいんだろうなと思って対処したんですが、後から聞いたら、サイレンを鳴らしていなかったし、赤色回転灯もついていなかったということで、普通の対処で良かったみたいです。

意地悪な罠だこと。。。

二回目の走行では、奥行きのズレを調整してみたところ、調整しすぎちゃったようで、左折が今度は大回りになってしまいました。なので、左折した時に片側二車線の左のレーンを走行させたかった様なのですが、最初から右側のレーンを走ってしまうこととなりました。おかげで、バスがバス停から発車するところとか、右側のレーンを後から走行してくる車といった左のレーンを走行していた場合の罠をスルーしてしまったようです。

コースを走行し、映像でそれを振り返ってチェック。今度は別のコースを走行し、再び振り返りチェックしたところで終了時間となり、第2段階1時限目の教習が終了です。

教官にはんこを頂き、お礼を言って、帰ってきました。

シミュレータは楽でいいけど、実際に走った方がおもしろいです。

次は実車教習ですが、その次はまたシミュレータみたいです。

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 07:12 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階9時限目

しばらく教習以外のネタが続いておりましたが、久々に教習ネタです。

教習7日目、第1段階9時限目です。

9時限目の実施項目は、

17、教習効果の確認(みきわめ)

となっています。

今日の天候はというと、昨日に引き続き、朝から雨。
天気予報ではお昼には雨が上がる様です。

確かに、お昼あたりまでには雨も上がり、陽もさす様になってきました。

しかし、家を出る頃には、また雨が降り出しました。
この様子だと、今日は間違いなくカッパを着なければならないです。
初めての雨の教習になりそうです。

ちょっと早めに教習所に入り、入校前に用意しておいたカッパを着込みました。
袋さえ開けていませんでしたが、サイズも問題ないようです。

準備ができたので、バイク置き場の前に行ったところ、バイク置き場の壁に検定コース図がかけてあることに気が付きました。
今までは全く気が付かなかったのですが、あったんです。
検定1コースを確認してみたところ、こないだ練習していたコースと若干違っていました。踏切を過ぎてから急制動に行くまでのコースが少し違うようです。

そこに今日の教官である大○教官が登場。

大○教官から教習を受けるのは、今回が初めてです。
これまでの教官は、シミュレータの時の教官以外は年上のおっちゃん教官でしたが、大○教官は間違いなく年下と思われます。

同じ時間に教習を受けるのは青年1名(男性)。彼は大型二輪のようです。
入校当時、教習していた連中は、最近見なくなりました。もう卒業しちゃったんでしょうね。
例の一本橋のおじちゃんも見かけませんが、たぶん時間帯が違うんでしょう。まだ在校生で頑張っていることと思います。

「今日はみきわめなので、コースをひととおり走っていただきます。」

「急制動はやりました?」

「はい」

「坂道発進はやりました?」

「はい」

「検定コースは練習しましたか?」

「今、コース図を見ましたが、練習したコースは検定コースと若干違っている様です。」

「わかりました。じゃあ、私が先に走りますので、後をついてきて下さい。」

「今日は雨ですので、急制動は一本先のラインで結構です。それと、右折の際にラインに乗ると滑りますので気をつけて下さい。」

いままでのおっちゃん教官と違い、言葉遣いも丁寧で、物腰の柔らかい好感の持てる大○教官です。

外周コース(左回り)に出て、途中、内周コースに左折、交差点を右折して、外周コース手前で一時停止。そこを左折。再び、途中内周コースに左折。見通しの悪い交差点で一旦停止。その後、交差点を突っ切って、踏切で一時停止。踏切通過後、外周コース手前で一時停止。そこを左折。そこから外周を1/4周し、内周に入り、信号のある交差点を通過。外周コースへ右折し、1/4周走って急制動。その後は外周コースから左にそれて坂道進入し、途中で停止。坂道発進をやって、外周コースに戻り、そこから2輪課題走行コースへ進入。まずは一本橋。次はスラローム。続いてS字、さらにクランク。

という、検定の1コースを、走りました。
最初の一周は教官先導。その後は、私が先に走り教官が後からチェックです。
一周目、踏切の後、あやうく外周を右折(前回のコースでは右折。正しくは左折。)しそうになってしまいました。

検定コース1を2周ほどした後、停車。ここで教官からのアドバイス。

「急制動もうまく制御されてますし、全体的に安定していますね。敢えてあげれば、スラロームが若干遅いので、少し早くしてみて下さい。」

「ご自分では、気になるところはありますか?」

「一本橋ですね。」

「たしかに言われて見れば、苦手そうに見えなくもないですかねえ。今回は計測しませんでしたが、時間的にも大丈夫だと思いますよ。」

とのことでした。

3日ほど間が開いたバイクでしたが、ひととおり走ることができました。自分でも、思ったより良かった感じがします。

雨の中を走るのは初めてでしたが、気になったのはステップが滑るということです。最初の時間からスニーカーで走っていましたが、ソールが堅く真っ平らの為、ステップに乗せる位置が若干安定しないことが気になってはいたんですが、今日は特に気になりました。やっぱり、かかと付きのシューズがいいんでしょうかね?

「それでは、残りの時間は自由練習とします。コース通りに走っていただいてもいいし、苦手なところを重点的に練習していただいてもいいので、自由に走ってみて下さい。」

結局、終了時間までコースをひたすら走って、終了の指示がで出ました。

バイク置き場に片付けました。

教官にはんこを頂き、お礼を言って、第1段階9時限目終了です。

「次は二段階の最初のシミュレータの予約を取って下さい。」

どうやら、みきわめOKの様です。一安心です。

今日は1時間の予約なので、これで終了です。

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 12:08 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階8時限目

教習6日目、第1段階8時限目です。

8時限目の実施項目は、

14、坂道の通過
15、坂道における停止および発進

となっています。

今日の教官は、平○教官(2、4、6時限目に見ていただいた教官です。)。。

他の教習者は青年1名(男性)。彼は大型二輪のようです。

「じゃあ、バイク出して、走ってていいから。」

「俺は今日は自動車で走っから~。」

きょうのバイクは、3号車。

外周コース(左回り)に出て、途中、内周コースに左折、交差点を右折して、外周コース手前で一時停止。そこを左折。再び、途中内周コースに左折。見通しの悪い交差点で一旦停止。その後、交差点を突っ切って、踏切で一時停止。踏切通過後、外周コース手前で一時停止。そこを右折。そこから外周を半周し、急制動。その後は外周コースから左にそれて坂道進入し、途中で停止。坂道発進をやって、外周コースに戻り、そこから2輪課題走行コースへ進入。まずは一本橋。次はスラローム。続いてS字、さらにクランク。

という、昨日のコースを、走りました。

教官は、最初のうちは四輪教習車で近くを走ってましたが、

「疲れたら休み休みでいいからね~。」

と、言い残し、そのうち車を止めて、外周コースの周りをお散歩のようです。

草刈り作業中の人と談笑したり。。。

で、今日の状況ですが。。。

発進の方は昨日、今日と、何回も機会があったので、だいぶ安定してきました。
それ以外もそこそこできてるようです。
一本橋の方はというと、昨日よりはまともだったでしょうか。

アクセルもなんとか安定して開けれるになってきて、コンビネーションの方も、昨日よりいくらかましになってます。しかし、まだ、何回か落下しています。もっと精度を上げなければなりません。

結局、終了時間までコースをひたすら走って、終了の指示がで出ました。

3号車をバイク置き場に片付けました。

教官からは、見通しの悪い交差点を通過する時に、左足は早くステップに戻しなさい。といことと、左足のつま先が開きっぱなしになってることがあるということを指摘されました。後は、もうちょっと力を抜いて。だそうです。「でも、だいぶ良くなった~。」とのこと。ほっとしました。

「後について見ていないと、だいぶ楽だべ??」

「はい。そうですね~。」

教官にはんこを頂き、お礼を言って、第1段階8時限目終了です。

今日は涼しかったのに、やっぱりいっぱい汗かきました。

今日は2時間の予約なので、これで終了です。

帰ろうかと思ったら、教官が、

「一服していけ~。」

今日の話題は、お彼岸のこと。

「これから墓参りに行くんか?」

ちょうど、叔父が亡くなって、半年。今日は命日でしたので、

「これから行きます。」

その後、私の吸ってるタバコ(あんまり吸ってる人は見かけないタバコです。)の話題になって、それについてちょっとだけうんちくたれてきました。一部、教官の年齢に合わない部分はカットしましたけど。。。

明日は午後から2時間の予約だったので、以上で終了です。

明日は出張のため、教習所には来れません。

明後日の予約をしようと思ったら、休日なので事務員さんが休みのため、明後日分の予約表がまだできておらず、明日予約することになりました。

明日は仙台に出張です。

地元にはバイク用品のショップが少ないので、仕事が済んだら、南○部品まで行ってみようと思います。(今のところ何を買うっていうことじゃないんですけどね。。。)

その後は、先週手術した友人のお見舞いにも行こうと思います。


ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 10:42 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階7時限目

教習6日目、第1段階7時限目です。

今日の天気予報は午後から雨。降水確率50%です。
教習所のエリアが雨の降らない方の50%に入ってますようにと思って出かけました。

※ブログを書いている時に調べてみたら、降水確率っていうのは、たとえば降水確率30%の場合、同じような天気の場合10回に3回は雨が降ることを意味するんだそうです。以前、その地方で30%のエリアで雨が降って、残りのエリアは雨が降らないんだみたいなことを聞いたことがあるので、てっきりそうなんだと思ってたけど、違っていたようです。

さて、7時限目の実施項目は、

シ13、車両特性を踏まえた運転

となっています。番号の前にシの文字がついています。

シミュレーターのシです。(ついシュミレーターと言いがちですが、シミュレーターが正解です。)

今日の教官は、お初の藤○教官。(むかーしのアイドル風のイケメン?です)

挨拶をして、早速、シミュレーター室へ。前方に大画面が有り、その手前にバイクがあります。

机の上には今は懐かしいCRTのディスプレイ。

教官がシミュレータとパソコンの電源を入れました。

CRTのディスプレイに映し出されたのは、DOSの画面です。

ちょっと古めのシミュレータなんでしょうか?(他のシミュレータがどんなのか知らないので、何ともいえませんが。。。)

パソコンが立ち上がるまでの間は、ここまでの教習の進み具合について話をしていました。

で、早速、シミュレータのバイクに乗車。まずは、コースを一周です。

エンジンをかけて発進。直進コースからカーブに入ります。

バイクを傾けないでカーブに入るわけにも行きませんので、バイクを傾けます。

あれ??このバイク、どうやったら起きるの???

両足はステップです。バイクを傾けたら、その後、どうやって起こせばいいのでしょう????

その後、スクリーンはバランスを崩して転倒です。

再度、スタートしてコースを走りましたが、どうしてもカーブではバイクを傾けてしまいます。
そしたら、最後。転けます。

どうもシミュレータのコツがつかめません。

教官も「シミュレータは実際走るのと全く感覚が違いますからねえ。。。」と言ってます。

「カーブはハンドルで曲がって下さい。」

そう言われてもねえ。スクリーンだけ見ちゃうとどうしても体を傾けてしまいます。

こんなんだったら、最初からバイクが傾かないようにしてたらいいのに。

と思ってしまいました。

スクリーンだけじゃなく、バイク側の床を意識しながらやってみたら、なんとか走れましたけど。。。

そんなこんなで、カーブの大きさの違い。舗装路、濡れた路面、などのシミュレーションをしました。

次に、急制動。

はじめは、パイロンの位置からの急制動を3回。

それぞれのトライの前・後ブレーキの力の割合、停止距離等が計測されているようです。
1回目が前が強すぎ。2回目、3回目はちょうどいい割合だったようです。

次は、パイロンの位置からの急制動ではなく、旗を持った怪獣?が旗を揚げたら急制動だそうです。
これも同じく3回。

1回目、タイヤの音がして停止。ブレーキがロックしていたようです。
2回目、今度は弱すぎでした。3回目にしてちょうどいい感じでしたが、なんか実感がありません。

シミュレータ、あんまり好きじゃないみたいです。

2段階に入ったら、4回シミュレータをやるようです。

もっと実車に近い感覚のシミュレータにして欲しいです。

その後、バイクの特性について説明があり、なんだかんだ話して、終了でした。

教官にはんこを頂き、お礼を言って、第1段階7時限目終了です。

やっぱ、実際走る方がずっと楽しいです。

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 10:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階6時限目

教習5日目、第1段階6時限目です。

昨日の夜はずっと雨が降っていたので、心配してましたが、朝になったら晴れてました。
今日も雨の教習は免れそうです。

6時限目の実施項目は、

11、バランスの取り方(直線)
12、バランスの取り方(曲線)

となっています。前の時間と同じ項目です。

今日も早めに準備して、バイク置き場手前の休憩所(二輪教官達のたまり場)でタバコを吸っていたら、教官が4人集まってきました。皆さんも一服のようです。

「お疲れ様です。」

挨拶をして、教官の方達の会話に参加させていただきました。

今日の話題は、古いトラックの教習車のこと。
その古いトラックは30年目だそうです。教官の一人が

「俺が高校生の頃からあったトラックだもの。」

30年とは、すごいですね。

「社長がケチで、新しいのに換えてくんねえんだ。」

だそうです。

そうこうしているうちに教習開始時間が近づいたので、バイク置き場の前に集合です。

本日の担当教官は平○教官(2時限目、4時限目に見ていただいた教官です。)。

他の教習者は若者1名(男性)。教官がもう一人現れたので、今日はマンツーマン。
その教習生は前回スクーターで教習を受けてましたが、今回もスクーターのようです。
もしかして普通二輪のAT限定なのでしょうか?

「じゃあ、バイク出して!出しやすいやつでいいから」

との指示で昨日も乗った2号車をバイク置き場から出し、所定の位置へ。

「今日はコースをやります。後についてきて!」

「コース覚えてね~」

教官はCB750に乗車。私は2号車に乗車です。

「じゃあ、行くよ~」

と、教官が発車。後に続いて、私も発車です。

問題の発進はというと、アクセルがちょっと煽り気味でしたが、なんとかできました。

外周コース(左回り)に出て、途中、内周コースに左折、交差点を右折して、外周コース手前で一時停止。そこを左折。再び、途中内周コースに左折。見通しの悪い交差点で一旦停止。その後、交差点を突っ切って、踏切で一時停止。踏切通過後、外周コース手前で一時停止。そこを右折。そこから外周を半周し、急制動。その後は外周コースから左にそれて坂道進入し、途中で停止。坂道発進をやって、外周コースに戻り、そこから2輪課題走行コースへ進入。まずは一本橋。次はスラローム。続いてS字、さらにクランク。

というコースでした。

「覚えた?」

「はい、たぶん。」

なかなかコースを一発で覚えるのは、自信がありません。

もう一周、先導してくれるようなので、今度はコースを先読みしながら走ってみます。

ひととおりコースを巡りましたが、一応順番は覚えていたようです。
が、自分が先に走ってみて、間違えないか?と言われれば、やっぱり自信がありません。

「じゃあ、コースを走ってみて!」

コースを間違えないように。発進をミスらないように。安全確認を怠らないように。
いろいろ考えながら、走ってみました。
教官は最初のうちは後についてきていたようですが、途中からは波状路やってたり、他の教官と話をしていたりという感じです。

「疲れたら、休んでいいからね~。」

とのことでしたが、そんなに疲れはしないので、コースの順番通り、ひたすら走ってみました。

問題の走行の出来の方はというと、発進に関しては、まだまだ下手ですねえ。
エンストは無かったものの、終始、アクセルは煽り気味だったし。。。
坂道発進はなんとかできていました。急制動、スラローム、S字、クランクは大丈夫かな。

が、一本橋。

下手です。

昨日より下手だったかもしれません。

昨日は落下は全て左側でしたが、今日はなぜか右に落ちてました。何か原因はあるのでしょうか?

ま、要は、昨日に引き続きコンビネーションが下手だからなんですけど。。。

発進の時はアクセル煽り気味なのに、一本橋に来ると、アクセルが開かないですよ。
フットブレーキ、半クラッチの方は良さそうなんですけど、なぜかアクセルが開かない。アクセルを開けられれば、バランスも安定するんでしょうが、アクセルが開かないんで、バランスが保てず、落下。という悪循環です。

しばらくして、終了の指示。

2号車をバイク置き場に片付けました。

一本橋でのアクセルワークが課題です。

教官からは、やっぱり煽り気味のアクセルを指摘されました。

「次は、シミュレータの予約してね。」

教官にはんこを頂き、お礼を言って、第1段階6時限目終了です。

今日は涼しかったのに、やっぱりいっぱい汗かきました。

今日は1時間しか予約が取れていないので、これで終了です。

明日は午後から2時間予約が取れましたが、天気予報では午後から雨。

雨降らなきゃいいけど。。。

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 07:59 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階5時限目

教習4日目、第1段階5時限目です。

朝から雨が降っていました。

今日は雨の中の教習かぁ。雨具は用意してあるからいいけど、やだなあ。

と思っていたのですが、家を出る頃には雨もあがっていました。

よかった^^

5時限目の実施項目は、

11、バランスの取り方(直線)
12、バランスの取り方(曲線)

となっています。

今日は早めに準備して、バイク置き場手前の休憩所(二輪教官達のたまり場)でタバコを吸っていたら、本日の担当教官の原○教官(3時限目に見ていただいた教官です。)と、若手の別の教官が現れました。
若手の教官の話では、午前中はずぶ濡れで教習をしていたそうです。
担当の原○教官から、昨日は何やった?と聞かれ、答えたら、今日は急制動と一本橋やるとのこと。

「こないだ、前ブレーキだけの急制動をやったら、転けたんだよね~。」
「前ブレーキだけだと、怖いんだよ~。」

と、言ってます。

「やる前に、びびらせないで下さいよ~」

そんな会話の後、教習開始です。

天気の方は、ときたま雨がぱらつく程度で、問題ありません。路面も乾いています。
気温も昨日に比べたら10℃近く低い感じです。でも、湿気が気になります。

予定では普通二輪の私と、大型二輪1名の二人だけの様でしたが、大型の教習者はキャンセルのようです。四輪の教習も見あたりません。

「じゃあ、バイク出して!出しやすいやつでいいから」

との指示だったので、1時限目に乗った2号車をバイク置き場から出し、所定の位置へ。
「まず、スラロームをやります。後についてきて!」

教官はマジェスティに乗車。私は2号車に乗車です。

「じゃあ、行きます。」

と、教官が発車。後に続いて、私も発車です。

問題の発進はというと、今日はスムーズにできました。

外周コースを使って、スラローム走行。その後、内周に入って、S字とクランク。
内周コースのS字とクランクは、昨日のバイク用のS字とクランクよりすんごく広く感じました。何周かした後、

「じゃあ、次は急制動ね!」

急制動を行う場所で降車。

急制動のやり方について説明を受けた後、模範走行を見せていただくことに。

40キロから両方のブレーキを使って急制動。
次に、後ブレーキのみ。その後、前ブレーキのみを見せていただきました。

教習開始前の話もあるので、ドキドキしてましたが、片方のブレーキのみの時は30キロにスピードを落としての模範走行でした。

「じゃあやってみましょう!」

今度の発進も問題なく、Uターンして、コースに進みます。

まずは30キロからの急制動です。
2回ほどやりましたが、問題なく停止ラインの手前で停止できました。

次は40キロからの急制動。

1回目。停止ラインの手前で停止。

うまくいったかな?と思ったら、ブレーキをかけるタイミングが早かったみたいです。

ブレーキのタイミングを合わせることを意識して再チャレンジ。
結果は、停止ラインの手前で停止できました。

「大丈夫ですね。」

これで、急制動は終了。次は一本橋へ移動。

一本橋のやり方を教わり、今度も模範走行を見せていただくことに。

教官が2号車に乗車し、スタート。

3分の2ぐらいのところで、落下。そのままぐるっと回ってスタート位置へ。

「今みたいに途中で落ちたら、戻ろうとしなくていいから、そのまま通過しちゃって回ってきて下さい。」とのこと。

再度、模範走行。今度は最後まで安定した走りで一本橋通過。

「じゃあ、やってみて下さい。」

一本橋に初挑戦です。

最初は2速でいいとのことだったので、コースを回ってからそのまま一本橋に進入。
最後まで一本橋の上を通過することができましたが、おそらく7秒切ってたんだろうなあ。
今日は計測はしないようです。

2回目も2速で無事通過。しかし、微妙にふらつきます。

「じゃあ、次は1速。半クラッチ使ってね。」

という指示でチャレンジ。

とたんに下手になりました。アクセルワーク、半クラッチ、フットブレーキのコンビネーションがうまくできていません。初落下です。
その後もチャレンジしましたが、アクセルワークに気を遣うとふらつくし、ふらつきに気を取られると、アクセルワークが下手だし。

難しいです。

何回かチャレンジしましたが、うまくいったり、いかなかったり。落ちたり、通過できたりと、一進一退です。

難しいですね。しかし、楽しいですね。

ここで、もう一度教官の模範走行。

「俺もそんなにうまくないんだけどさあ。見ててね。」

と、教官が2号車で発進。

教官がエンストしてしまいました。(これで心がちょっと楽になったかも ^^;)

気を取り直して、教官再発進。見事一本橋の模範走行です。

その後、一本橋に再チャレンジ。なかなか安定しません。

その後は、教官のマジェスティの後を追っかけます。スラローム、一本橋の順にコースを回ります。

教官のマジェスティがS字へ進入。その後、クランクへ。

その時。。。

マジェスティ、転けました。

教官は大丈夫そうです。単に転けただけの様ですが、起こすの大変そうでした。

「スクーターでクランクは難しいんだよ。」

そうみたいですね。ホイールベースは長いし、重いし。
大丈夫です。スクーターには乗りませんから。

起こしたものの、スクーターは転けて機嫌が悪くなったようです。エンジンがかからなくなってしまいました。

「続けてて~!!」

ということで、一本橋、スラローム、S字、クランクの反復練習に入ります。

しばらくすると、マジェスティが復活してきました。

教官、再びクランクに突入です。

また転けてました。やっぱり起こすの大変そうです。

再び、「続けてて~!!」

ということで、一本橋、スラローム、S字、クランクの反復練習に戻ります。

教官はというと、マジェスティをバイク置き場にしまってしまいました。

しばらくして、終了の指示。

2号車をバイク置き場に片付けました。

自分の今日のテーマだった発進の精度はなんとか上がったようです。
課題としては、一本橋でのアクセルワーク、半クラッチ、フットブレーキのコンビネーションですね。ひとつのことに気を取られちゃうと、途端にダメになります。

今日もいっぱい汗かきました。

「ちゃんとできてようだから、次からはコースに入るからね~」

教官にはんこを頂き、お礼を言って、第1段階5時限目終了です。

次の予約を取った後、一服しようかと思ったら、校舎の戸締まりも終わっていて、追い出されました。

結局、私が本日最終の教習だったようです。

明日の予約が取れましたが、1時間だけです。

| 普通二輪教習 | 10:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階4時限目

教習3日目、第1段階4時限目です。

4時限目の実施項目は、

10、ブレーキ操作
16、オートマチック車の運転

となっています。

昨日のこともあるので、やっぱりドキドキしながらバイク置場の前にスタンバイ。

しかし、お彼岸だっていうのにこの天気。
暑すぎます。車の外気温計では33℃でした。

教習者は、私の他に、普通二輪が同年代(男性)1名。大型二輪で若者(男性)
1名です。今日はいつもと面子が違います。

担当教官は、2時限目で見ていただいた平○教官。
今回はマンツーマンではなく、同年代男性と一緒に見てもらうようです。

大型二輪の若者の方は、もう一人の教官がマンツーマン。

挨拶の後、それぞれの教習簿を確認。もう一人の方は第1段階後半まで進んでいる
ようです。

もう一人の方に指示を出された後、オートマ車(ヤマハのマジェスティ)の前に呼ばれ
ました。

「じゃあ、後ろに乗って!」

またタンデムですかあ?

で、教官の運転するマジェスティの後ろに乗せられました。

外周、交差点、外周、交差点と、しばらく走った後、停車。

「覚えた??」

やっぱりコースを覚えさせるためのタンデムだったのね!?

「はい、今回は覚えました。」

「じゃあ走ってみて!」

念のため、コースを再確認した後、マジェスティを走らせました。
もちろん、大型スクーターは初めてです。

一応、コースを間違えることもなく、運転の方も問題なく走りきりました。

でも、なんか楽しくありませんでした。しびこちゃんに乗った時のワクワク感みたいな
ものが全くありませんでした。(大型スクーターを愛する皆さん、申し訳ありません。
今の私にとっては楽しいと思える乗り物ではありませんでした。)

「じゃあ、あっちのバイク出して!」

あれ?オートマ車の教習はもう終わりですか??

終わりでよかったんですけどね。

今度はしびこちゃんに乗り換えです。

と思ったら、またまた「じゃあ、後ろに乗って!」

えーー!?またタンデムっすか??もうタンデムはいいっちゅうに。。。

しぶしぶ(もちろん顔には出してませんが。。。)教官の運転するしびこちゃんの後ろ
に乗車。

今度は何すんの~!?

しびこちゃんは、8の字コースへ進入。3周回った後、S字コースへ、その後すぐにク
ランクへ。S字とクランクをやっぱり3周。その後は、スラロームコースを含めて数周。

で、停車。

「じゃあ、8の字コースを回って見て!」

ということで、8の字コースの練習です。

しびこちゃんに跨り、エンジンスタート。発進です。

自分自身の今日のテーマは、右手(アクセル)、右足(フットブレーキ)です。

昨日の反省を意識しながら、発進。

内心、ちょっとびびってましたが、今日はうまく発進できました。

で、8の字コースにトライ。

教官はというと、もう一人の教習者の方に行ってます。向こうは一本橋の様です。

8の字、8の字、8の字、8の字、8の字、8の字。。。

まずまず、無難に走れてます。

一本橋教習の方が手こずっているようで、こちらにはなんの指示もありません。
おかげで、8の字コースの反復練習がたっぷりできました。

しばらくすると、教官よりS字、クランクをやるようにとの指示。

今度は、S字コースとクランクに進入です。

S字、クランク、S字、クランク、S字、クランク、S字、クランク。。。

まずまず、無難に走れてます。

やっぱり一本橋教習の方が手こずっているようで、こちらにはなんの指示もありません。
おかげで、S字、クランクの反復練習がたっぷりできました。

またしばらくすると、スラロームも含めるようにとの指示。

今度は、S字コース、クランク、スラロームを順にこなしていきます。

S字コース、クランク、スラローム、S字コース、クランク、スラローム、S字コース。。。
まずまず、無難に走れてます。

まだ、一本橋教習の方が手こずっているようで、こちらにはなんの指示もありません。
おかげで、S字コース、クランク、スラロームの反復練習がたっぷりできました。

そうしているうちに、大型二輪教習のチームが、コースに進入してきました。
大型二輪のチームは、一本橋、スラローム、S字、クランクを練習してます。

ここのコースは、一本橋の横を通過したところがスラロームの入り口なんで、一本橋の
付近で停車して教習されていると、スラロームに進入できません。

邪魔しちゃまずいなと思い、大型二輪チーム、一本橋のおじさんのタイミングを見なが

ら、空いているコースを選んでS字コース、クランク、スラロームの練習です。

途中、大型二輪の教官がS字コースの出口付近でバイクを停車させ、向こう側を向

いて指示を出していました。
こちらが教官のバイクが停車していることを確認し、ゆっくりS字コースを出ようとし
た瞬間、なんと前方確認もせず、急に発車したんです。

一瞬あせりました。が、エンストすることもなく、ちゃんと停止できました。

「おいおい、教官たる者、安全確認怠っちゃ、まずいんでない??」

と思いましたが、口にする訳にもいかず、

「ゴメン、ゴメン」と謝る教官に、笑顔でうなずいて差し上げました。

そのなことがありつつ、練習走行を続けていますが、一本橋のおじさんは、かなり手こ
ずっているようです。

再び、S字コース、クランク、スラロームの反復練習です。
おかげで、いっぱい練習できました。

一本橋のおじさんは、最後の最後でうまく行ったようで、笑顔で前を走っていきました。

ここで、終了の指示。

バイクを車庫に戻して、教習終了。

今日もいっぱい汗かきました。が、今日は充実感でいっぱいの汗でした。

教官にはんこを頂き、お礼を言って解散。

第1段階4時限目終了です。

 

その後、一本橋のおじさんと喫煙所で休憩。

汗を拭きつつ、缶コーヒーを飲みながら、一服です。

ちょっと話をしました。

一本橋のおじさんは、ため息をつきながら、

「前途多難だなあ。。。」とつぶやいています。

「スラロームとかクランクとか、うまかったですね~。バイク乗ってたんですか?」

「いえいえ、原付スクーターに乗ってただけですよ。スラロームは昨日さんざんやらさ
れてたんで。。。」

一本橋のおじさん、教習所に通うのは30年ぶりなんだそうです。
ということは、同じぐらい?ちょっと先輩なのかな??
バイクの経験もまったくないって言ってました。

教習初日に、原チャリ用のヘルメットを持って行ったら、注意されたそうです。
仕方なく貸し出しヘルメットをかぶったら、やっぱり臭かったそうです。
3時限目にスラロームで転けて、右足打撲。ひどい痣ができて一週間近く教習を休んだ
そうです。

「でも、同年代の同志がいると思うと、気持ちも上がりますよね!?」

って言ったら、笑いながら、

「そうですね。がんばりましょう」

と言ってくれました。

今日は土曜日ということで、教官が半分以上お休みのようです。
1時間しか乗れませんでした。
明日も教官が半分以上お休みのようです。
1時間しか予約が取れませんでした。

「一本橋のおじさん、一緒にがんばりましょうね!」

同年代の同志が居ると、心強いです。

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 10:37 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階3時限目

教習2日目、第1段階3時限目です。

3時限目の実施項目は、

8、円滑な発進・加速
9、速度の調節

となっています。

やっぱり多少ドキドキしながらバイク置場の前にスタンバイ。

他の教習者は、私の他に、普通二輪が若者(男性)2名。大型二輪で若者(女性)
1名です。普通二輪の若者(男性)1人がさっきと違う子です。

今回の担当教官は原○教官。

挨拶の後、「外周走ってきて~」といことで、さっき乗ったしびこちゃんに乗車。
エンジン始動。ウインカーを出して、安全確認の後、スタート!!

なんとか普通に発進。
外周を右回りで3周。その後、左回りで2周。

で、元の位置に停車。

今回も教官は原付スクーターで、その後をついて走ります。

外周から、内コースへ入り、交差点、踏切を通過。

やっぱり発進時はビビります。

その後、坂道へ。

上り坂の途中で停止です。

坂道発進。

前ブレーキ離して。。。。

バイクが後ずさり。

「後ろブレーキ!!」

前の時間から感じていましたが、後ろブレーキの使い方がダメです。
スーパーカブ、シャリイは確かに後ろブレーキでしたが、その経験は20数年前。
スクーターのブレーキは両手です。
フットブレーキという文化はまだ馴染んでいないようです。

フットブレーキを踏んで、前ブレーキを離して、アクセル開けて、半クラッチ。。。
フットブレーキを解除。

また、やっちまいました。
エンストしちゃいました。

あせると急にクラッチを離しちゃってます。
フットブレーキの解除がいまいちスムーズではありません。

エンジン掛けなおして、再スタート。

なんとか、発進できました。

が、完全に自信喪失です。
アクセルワーク、フットブレーキ。課題が出てきました。

その後も、数回エンスト。

で、次のテーマに移ります。

スラローム走行です。

外周コースを使って、スラロームの練習です。ギアは3速。
空いてる教習所なので、4輪のコース内教習車はいません。大型が一台走ってますが。。。

教官は原付スクーターで前を走っています。

スラロームやってます。地面をガリガリいわせながら走ってます。
その後についてひたすらスラローム練習です。

その後、またタンデムの指示が。

いやです。乗りたくありません。とも言えず、タンデムシートへ。

「どこにつかまればいいですか?」

「腰に手をまわしてつかんで」

「もうちょっと下ね。それで、腰をニーグリップ。」

で、発進。

で、何をするのかと思ったら、タンデムでスラロームでした。

怖いよ~!!

普通に乗ってても怖いのに、スラロームするなんて。。。
かなりキレのある、いいスラロームだとは思いましたが、後ろに乗ってるもんの身にもなって
下さい。

泣きそうでした。ジェットコースターを連想してしまいました。

マジ、怖かったです。

その後、また原付スクーターの教官を追っかけて、スラローム練習。

そしたら、教官。外周コースを逸れて、スラロームコースに進入していきます。

教官の走りを見るために、一旦停止。教官がスラロームを出たところで、発進。
ローギヤのまま、スラロームに進入してしまいました。
ローだとぎくしゃくして危なかったです。
なんとか脱出したものの、近くで見ていた別の教官に、「そこは、セカンドだべさー!」
と言われてしまいました。

あとで担当教官が、「ギアの指示しなくてすまん」と謝ってくれましたが。。。

怖かったです。

その後は、クランクやS字コースを通って、終了。

3時限目はこんな感じでした。

って、実施予定項目と違うくない?????

またまたエンストしたし、タンデムは怖かったし、ちょっと凹みました。

教習が終わって、ヘルメットを脱ぐと、さっきよりも多い汗が滴り落ちてきました。
髪の毛もびしょびしょです。

これで今日の教習は終了。

教習簿を返して、車に乗り込んだら、虚脱状態。脱力感でしばらくぼんやりしてました。

photo.jpg

夕焼けが綺麗でした。
虚脱状態の体、凹んだ心に浸みました。

iphoneで取った写真なんで、写りが良くありません。
なんせ、シャッター押すしか機能がありませんので、あしからずm(_ _)m


ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 03:09 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第1段階2時限目

教習2日目、第1段階2時限目です。

2時限目の実施項目は、

6、変速操作の仕方
7、安全走行

となっています。

やっぱり多少ドキドキしながらバイク置場の前にスタンバイ。

他の教習者は、私の他に、普通二輪が若者(男性)2名。大型二輪で若者(女性)
1名です。昨日と同じ面子です。

今回の担当教官は平○教官。

挨拶の後、1時限目にやった内容を確認された後、じゃあ、後ろに乗って!ということ
で、教官の運転するバイクの後ろに乗せられました。

タンデムシートは初めてです。

「どこにつかまればいいんですか?」

「タンク!!」

え?タンク??

結局、どこにつかまればいいのか分からず、タンクに手を伸ばした状態で発進されちゃい
ました。

怖いよ~。(>_<)

タンクって、どこをどう押さえりゃいいの?聞き間違いだったのか??

そんなことを考えつつ、恐怖に怯えながら、バイクにしがみついていました。

外周を走って、途中で内側に入って、交差点を通過して、また外周に出て、また中に
入って。。。

しばらく走った後、停車。

「覚えた??」

なんだ?コースを覚えさせるためのタンデムだったのね!?

コースのことなんか頭に入ってませんよ。そういうことだったら最初に言ってよ~。
別のこと考えざるをえなかったんだから、コースなんか覚えてません。

本音を口に出すわけにもいかず、

「すみません。うろおぼえです。」

「んじゃ、後ついて走って!」

教官は原付スクーターに乗り換え、私はしびこちゃんに乗って、エンジン始動。
ウインカーを出して、安全確認の後、スタート!!

やっちまいました。

昨日、エンストなしで教習終えたもんだから、エンストなしで卒業だ!!なんて野望を
抱いてましたが、2時限目にて、あえなく撃沈です。

エンストしちゃいました。

昨日はスムーズにできたのに、なぜ?

エンジン掛けなおして、再スタート。

なんとか、発進できました。

原付スクーターの教官の後を追って、外周コースから、右折で内周コースに入り、信号
で停止。停止する前に、ギヤをローまで落としておいて、と。

再び、発進。

なんとか発進できたものの、昨日より下手になってます。なぜ?

信号のあとは、外周コースに出るところで、一旦停止。

安全確認の後、発進。

また、やっちまいました。

このあたりから、焦り始めます。

エンジン再始動、発進。

ん~、なんかかなりぎこちないです。明らかに昨日より下手です。

そんな焦りを感じつつ、教官の後についていきました。

発進が気になっちゃって、コース、覚えてません。

その後は、私が前を走り、教官が後ろからついてきます。

最初のうちは良かったんだけと、後半で曲がる場所を通り過ぎてしまい、教官にクラク
ション鳴らされました。

発進がやばいです。自信を失っています。

言い訳をすると、今日のしびこちゃんは、昨日のしびこちゃんと違う車です。
昨日のしびこちゃんは、クラッチミートのポイントが手前にあったんです。
今日のしびこちゃんは、クラッチミートのポイントがちょっと奥なんです。
それに加えて、アクセル操作で少し開けてそのままキープができてないんです。
昨日はアクセル開けてクラッチをちょっと放せばすぐつながる感じだったんですが、
今日はつながるタイミングが遅いので、アクセルワークの下手さがもろに影響しちゃってる
ようです。

あとで教えてもらったんですが、アクセル操作が安定しないのは、手首の角度が悪いか
らのようです。120度だそうです。私は手首の角度をつけずに握ってました。そうすると
アクセルを楽に開けやすい分、調節がしずらいみたいです。120度の角度が付いてい
れば、アクセルをちょっと開けたところで、手が窮屈になるので、そこで止まるってことらし
いです。

結局、教習時間終了まで、クラッチのミートポイントの違いを克服できませんでした。

若干、というか、ちょっと発進恐怖症に陥り気味です。

2時限目はこんな感じでした。

教習が終わって、ヘルメットを脱ぐと、汗がぼとぼとと滴り落ちてきました。

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 02:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

適性検査

第1段階1時限目終了後、汗も引かぬまま第2教室へ。
第2教室は校舎の2階、一番西側にあり、前の時間に使ってなかったようで、むんと
するほどの熱気がこもってます。
電気とエアコンをつけて、教官の到着をしばし待つことに。
他の生徒はいないようです。

ハンカチで汗を拭いつつ待っていると、時間より2分遅れで教官が到着。
さすがに部屋にこもった熱気はすぐに冷めず、熱いですよね?温度下げますね。と、
エアコンの温度をさらに下げてくれました。

で、さっそく適性検査の開始です。

いろんな面倒くさい問題がありましたが、我慢して記入しました。
計算問題はなかったですね。

教習の疲れが出たのか、頭がスッキリしてなかったんですよね。
時間切れで答えを書けなかったものがありました。

歳のせいかな??
目もしょぼしょぼで、ぼやけてたし。。。
老眼鏡もそろそろかも。。。

とりあえず、適性検査も終了し、受付に教習簿を返却して、

自動車学校を後にしました。
車に戻ったら、虚脱感いっぱいです。

帰って、飯食って、寝よ!!

 

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| 普通二輪教習 | 01:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。