バイク紀行 僕の舗装道 ~そうだ!ツーリングに出かけよう!!~

HONDA CB1300 SUPER BOL D'ORで綴るバイク紀行です。俳句紀行 奥の細道をもじって付けたタイトルです^^

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大型二輪教習(第1段階5時限目)

大型教習、第1段階5時限目です。

5時限目の実施項目は、

17、教習効果の確認(みきわめ

となっています。

今回の教官は今○教官。(普通二輪の卒検の時の担当教官。例の。。。教官です。)
今回は一人教習です。

教習開始時刻5分前にみんな動き出すので、教習開始時刻にはもう走り始めてるっていうパターンなんですが、今回の教官、開始時刻が過ぎても現れません。

3分ぐらい経ってから、のこのこと現れました。

「ゆっくり始めて、早めに終わる!!」

なんて抜かしております。相変わらずのご様子です。(-_-)

挨拶をして、さっそく、教習開始です。

まずは外周での慣らし走行の指示があり、さっそく外周を走行。
二周走ったところで、逆回りの指示があり、逆回りで二周。

慣らし走行の後は、外周路を使って、スラロームと低速走行の練習。
長い直線ではスラローム。南側では小さいスラロームで、北側では大きいスラロームを練習です。
短い直線の方では、真ん中のライン上を一本橋の要領で低速走行を行います。

二周ほど走ってみたあとにアドバイスがありました。
スラロームの時に頭が突っ込みすぎ。頭の位置が変わらないように走ると安定して走れるよ。ということです。

さっそく、そこに注意してスラロームをやってみました。

うん、確かに安定して走れるようになりました。
なんか、スラロームってる!!っていう感じがするようになりました。

その後、何周か練習し、急制動のエリアで停車。

急制動に関しての説明がありました。

要領は普通二輪と同じ。但し、急制動を行った後、ギアをローに変える為に右足をつく前に、必ず後方確認をすること。という説明を受けました。
普通二輪ではそこまで言わないけど、大型の場合は忘れずやるようにして下さい。ってことでした。
以前から普通にやってたことでしたが、素直に聞いておきました。

次に、波状路へ移動。

波状路の通過の仕方の説明を受けます。
段差の間隔が微妙に違うこと、アクセルと半クラッチの操作等。。。
ちなみにオートマでは座って通過なんだそうです。

ひととおりの説明が終わり、実際に走って見ることになりました。

まずは急制動。

ギアを3速まで上げ、速度を40キロでキープ。
パイロンに差し掛かったところで、急制動!!

初めての大型での急制動でしたが、無難にできたと思います。

続いて、坂道発進を経由して、二輪課題コースへ戻り、波状路へ。

膝で体の上下動を吸収しながら、通過です。

教官からは「うんうん、形になってますよ。」とのことでしたが、アクセルと半クラッチの制御は全然出来ていません。

「じゃあ、急制動・坂道発進・波状路の順で、繰り返し走って見ましょう!」

急制動・坂道発進・波状路の順にひたすら走って、時間終了でした。

教官にハンコを頂きました。

みきわめ欄の「良好」に○が付いていました。

「ありがとうございました~。」

という感じで、5時限目が終了しました。

これで第1段階終了です。


しかし、最近寒くなって来ました。

夜の教習は寒いです。

手先とか、下半身が冷え切っています。

手先と下半身のアイテムは後回しにしてるんですよね~。

グローブは買う予定でいましが、パンツも必要かもなぁ。

と思い始めています。

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 大型二輪教習 | 21:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大型二輪教習(第1段階4時限目)

大型教習、第1段階4時限目です。

4時限目の実施項目は、

15、坂道における停止及び発進
16、オートマチック車の運転

となっています。(が、実際やることは違うことが多いです。)

今回の教官は○○教官。(前回と同じです。)
今回も二人教習です。(前回の同じ彼です。)

挨拶をして、さっそく、教習開始です。

私の方がオートマ教習なので、オートマ車(ヤマハのマジェスティ)を車庫から出します。
ここの教習所には大型用のオートマ車はないので、普通二輪の時にも乗ったマジェスティを使うようです。

マジェスティで外周を二周走行の指示があり、ヘルメット、グローブを装着し、さっそく走行に入ります。

マジェスティに跨り、(もちろん安全確認をしてからですよ~)、
キーをひねり(ミラーの調整をしてからですよ~)、
セルスタート。ちょっと長めに押しても、二回始動せず。三回目でやっと始動です。

ウインカーを出して、安全確認。

発車。

その瞬間、右足にマジェスティのボディが当たりました。
危うく右足を轢いてしまうところでした。
右足を地面についたまま発車してしまったので、当たってしまったようです。
当たっただけだったので良かったのですが、ヘタしたら、足首をやられていたかも知れません。
ぞっとしました(>_<)

しかし、何事も無かったかのように外周を二周し、二輪課題コースへ。

彼の方の教習は検定コース習熟のようで、今回も教官と彼の後について走る事になりました。

教官先導で検定コースを走ります。
彼が教官の後に続き、私はマジェスティでついて行きます。

ここでも急制動は無し。

法規走行コースを終え、二輪課題コースへ。

まずは一本橋。
オートマ車で一本橋は初めてです。が、なんか楽に渡れてしましました。
原付スクーターの経験が生かされたのでしょうか??

次にスラローム。
こちらも問題なでしたが、次が心配です。

続いてS字。
ここも問題なく通過。

問題なのは、次ですよ、次。

H教官が2回も転けてたクランクです。

スミマセン。問題なく通過できました。

波状路はやらずに、その手前で停車しました。
彼の方は、その後、波状路をやって、停車。
ここで、教官から彼の方にアドバイス。

その後、彼は砂利道走行。

波状路の横から、一本橋に向かうコースまで砂利道があり、そこを通過です。
砂利道と言っても、コースの内側にある芝の部分(芝というより雑草!?)に砂利を蒔いた状態なので、下は堅くないはずです。見てると、やはり、タイヤがかなり沈みます。バランス取るのが大変そうです。そして舗装路に昇る部分で苦労してました。
やっとことで砂利道を抜け、検定スタート地点に戻ります。

次は、もうひとつの検定コース走行練習をやるようです。
引き続き、教官と彼の後について走る事になりました。

が、私の方は、以上でオートマ教習は終了。ここで、CB750に乗り換えます。
教官がマジェスティに乗車です。

教官と彼について行きます。

最初の二周は教官先導。その後は、彼が先頭で走行します。
私は、気楽に後について走るのみです。
しばらく走って、検定スタート地点へ戻ります。
残り時間は、検定コース習熟走行。
時間終了まで、彼の後について検定コースを走り続けました。

教官にハンコを頂くとき、ひとつアドバイスを頂きました。

「クランクはゆっくり通過していいですから。」

確かに、知らず知らずのうちに、急いで通過という意識があったかも知れません。
次からゆっくり通過するようにします。

「はい、わかりました。ありがとうございました。」

という感じで、4時限目が終了しました。

最初はバイクの大きさを感じていた大型二輪ですが、ここまで来ると、普通二輪で走っていたときの感覚との違いはさほど感じなくなってきました。
但し、大型二輪になると、法規走行(安全確認、方向指示、車線変更、左側走行 等)について、さらに精度の高い物が要求されて来ます。今後は、その辺りを特に意識して、教習に望みたいと思います。

次は第1段階のみきわめです。

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 大型二輪教習 | 21:58 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大型二輪教習(第1段階3時限目)

大型教習、第1段階3時限目です。

受付に行ったところ、一昨日対応してくれた事務員さんが、にっこり笑いながら、

「○○さん、一昨日はすみませんでした。今日は写真撮れますので。。。(^_^)v」

ということで、改めて写真撮影。

しばらく待つと、教習簿を持って来てくれました。写真が貼ってあります。
これで「かおなし」から解放されました。

教習予定表を見ると担当教官は○○教官。(名前、ど忘れしました。(^_^;))
初めての教官です。
教習者番号が二つ記入されていましたので、一緒に教習を受ける人がいるようです。

バイク置き場の前に移って、準備運動をしながら教官を待ちます。
そこにもう一人の教習者がやってきました。初めて見る顔です。
(30代なかば位。短髪で茶髪の体格のいい男性です。)
挨拶をして、ちょっと話をしましたが、彼は、二段階の後半のだそうです。


3時限目の実施項目は、

11、急制動
12、回避

となっています。(が、実際やることは違うことが多いです。)

ここで○○教官が登場。
ずっと管理職の人だと思っていましたが、教習もやる様ですね。

挨拶をして、さっそく、教習開始です。

教官は、二人の教習簿を見て、指示を出します。

彼の方には、二輪課題コースで練習。
私には、外周を二周走ってから、二輪課題コースへ来る様に指示がありました。

ヘルメット、グローブを装着し、さっそく走行に入ります。

CB750に跨り、(もちろん安全確認をしてからですよ~)、
キーをひねり(ミラーの調整をしてからですよ~)、
ニュートラルを確認してからセルスタート。
今回はほんのちょっと長めに押していたので、一発で始動です。

今回は、前回のトレッキングシューズとの感覚の違いを見るためにスニーカーで履いて来ました。
トレッキングシューズではつま先の大きさが微妙に気になっていましたが、スニーカーの方はつま先がそれほど大きくないので、違和感はありません。また、靴底が堅くて真っ平らの事については、特に問題は感じませんでした。
普通二輪教習の時はずっとスニーカーで通したので、慣れているのかも知れません。
なので、トレッキングシューズの方も、慣れれば問題ないのかなと思います。

外周を二周慣らし走行をした後、二輪課題コースへ向かいます。

一本橋、スラローム、S字、クランクの順に走ります。

まずは一本橋。

ハンドルでバランスを調整することと、半クラッチを意識しながら。。。

一回目、落ちました。

アクセルと半クラッチに気を使いすぎて、視線を遠くするのを忘れてました。

続いてスラローム。

あれ?前回に比べて、なんかぎこちないような。。。全然リズミカルじゃないです。

S字、クランクは問題ないと思います。

もう一度。

一本橋。

視線を遠くして、ブレたらハンドルで調整。アクセルと半クラッチと後ブレーキを意識して。。。

無事通過。

スラローム。

前回、上手く通過できていたのは、道幅の広いS字とクランクで走行練習をした後だったので、メリハリがあったのかも知れないと思い、メリハリを意識して走りました。

さっきよりはましになったかな? でも、アクセルオンのタイミングが若干遅いように思います。

この辺りで、教官と彼が回避の教習に入り、回避コースへ移動。

その教習が終わるまで、ひたすら一本橋、スラローム、S字、クランクを反復練習しました。

教官と彼が戻ってきて、次のテーマに入ります。

次は、検定コース練習のようです。

ここからは、教官と彼の走行について行く事になりました。
但し、私の方は大型に入ってからはまだ急制動を実施していないので、急制動の部分はやらなくていいとのこと。

教官と彼について行きます。

大型の検定コースは普通二輪の検定コースより若干長くなります。
ついでに大型二輪の検定コースを覚えちゃおうかなと思いましたが、まだいいか!?とうことで、コースは覚えずに、法規走行に集中して、ついて行く事にしました。
ふと、普通二輪の検定コースの通過順を思いだそうとしてしまいしたが、今後コースがごちゃ混ぜになってきそうな気がしたので、普通二輪のコースは頭から消し去ることにしました。

最初の二周は教官先導。その後は、彼が先頭で走行します。
途中、コースを間違えて教官にクラクションを鳴らされる場面もありましたが、大型検定コースも彼の頭に入ったようです。
私は、気楽に後について走るのみです。

しばらく走って、検定スタート地点へ戻ります。

残り時間5分とのことで、後は二輪課題コースで練習。

ここでも、彼の後について練習し、時間になって教習終了です。


という感じで、3時限目が終了しました。

次はオートマ教習らしいです。

そういえば、「CB750は、エンジンスタート時ニュートラルじゃないとセルが回らない」という情報を試す機会があったので試してみました。

あれ?それを試したということは、エンストしたって事??

「はい、また一本橋の上でやっちまったよ~!!」

その時に試してみました。

問題なくエンジン始動出来ました~!!。

あと、またウインカーの代わりにクラクションならしちまいました~!!

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 大型二輪教習 | 20:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大型二輪教習(第1段階2時限目)

大型教習初日、2時限目です。

教習開始まで10分なので、ロビーまで行って水を一杯飲んでから、教官の溜まり場に戻って一服。

予鈴が鳴り、バイク置き場の前に戻ります。

2時限目の実施項目は、

 9、速度の調節
10、ブレーキ操作

となっています。

この時間も他の二輪教習者は無し。四輪もいるようですが、おそらく外回りでしょう。

富○教官が現れ、さっそく、教習開始です。

「じゃあ、走りましょう。」

即、走行に入ります。

教官の後に続き、発車です。

まずは外周を数周。右回りから左回りにコースを変え、再び外周を数周。
次に前の時間に走った練習コースを2周。

その後、教官は内周コースのS字と鋭角コース(四輪用・道路幅広め)に突入です。
グルグル回ります。

始まりました。これが噂の「追いかけっこ」か!?

「追いかけっこ」とは。。。。説明しよう!!
卒検の時に大型の受験者から聞いた話によると、内周コースのクランク、S字を使って教官が先導、それに教習者が続いて走るんですが、教習者は必死に教官を追いかけるものの、同じコースをグルグル周回している為、もたもたしているとそのうち教官に追いつかれてしまう。っていこことらしいんですが。。。。

体重移動でバイクをバンクさせて曲がる。この繰り返しです。

必死に教官に喰らいついて行きました。

これ、かなり楽しいです。

バンク、切り返し、バンク、起こして、加速、ブレーキ、バンク、切り返し、バンク、起こして。。。。。

なんか、バイクに乗ってる!!!!ってことが実感出来る感じです。

しばらくすると、今度は、別のクランク、S字(四輪用・道路幅広め)コースへ突入し、ここもグルグル回ります。
必死に教官に喰らいついて行きます。

ここも楽しぃ~!!!

またしばらくすると、今度は、別のクランク、S字(四輪用・道路幅狭い)コースへ突入し、ここもグルグル回ります。
必死に教官に喰らいついて行きます。

ますます楽しぃ~!!!

またしばらくすると、一旦外周に出て、二輪課題コースへと突入。

まずは八の字コースをグルグル。。。。
ギアをセカンドにします。
狭い!!
途端に難しくなってきました。
ずーっと走り続けているので、多少疲れも来ています。
2~3回コースを外しそうになりましたが、何とか回避。

さっきまでは楽しかったのに、ここは狭すぎます。

続いて、2輪用のS字とクランクを周回。

この辺は、いつも通りで大丈夫でした。

そして、一本橋前で停止。

一本橋にトライです。

まず一回目。。。
若干フラフラしながらも、通過。
その後、即スラロームへ。

一本橋のタイムは9秒2。設定タイムは10秒ですから、もうちょいですね。


二回目。。。9秒5。


教官より、半クラッチの使い方を教わり、三回目。

発車。

お、さっきより安定してるぞ。
さっきより確実に時間はかけてるな。

半クラッチを使いながら、ゆっくり進みます。
かなりゆっくり行けてるような感じがします。


が。。。。。


あとちょっとで前輪が通過というところで、



ぷすん



エンストしちゃいました~(-_-)


タイムは、エンストするまで12秒だったらしいです。。。(T_T)   でもエンストは検定中止ですよね!?


悔しいです!!(>_<)



・ハンドルでバランスを取ること
・半クラッチで常にエンジンの動力がタイヤに伝わるようにして、速度調節を足ブレーキで行うこと

を教わりました。

スラロームは6秒台で通過できているようです。設定タイムは7秒以内なので範囲内です。


続いては、再び外周コースに戻り、センターラインを使って一本橋とスラローム対策。

外周コースの短い直線では、センターラインの上を一本橋の要領で通過する練習。
ラインを外さないように、半クラッチを使いながらゆっくり進みます。

外周コースの長い直線では、センターラインをパイロンに見立ててスラロームの練習です。
白線の真ん中、線のない部分の真ん中、白線の真ん中、線のない部分の真ん中・・・を通過するようにします。

その練習を3周。

その後、また一本橋に戻って再トライ。

さっきより安定するようになりました。

タイムの方は10秒台中盤が出るようになりました。

一本橋の前半1/3を早めに通過して残り2/3をゆっくり行くようにして、だんだん前半の1/3の速度を落として行けば時間は作れるとのことでした。

最後に波状路。

前輪タイヤが段にさしかかる時にタイミング良くアクセル+半クラッチとの事でしたが、全然そんな制御は出来ませんでした。
普通に二回通過して、時間切れ。


「はい、お疲れ様でした。バイクを車庫にしまって下さい。」

という感じで、2時限目が終了しました。


いやぁ~、さっきの時間にも増して楽しかったです。
広めのコースでS字、クランクはめっちゃ楽しかったです。
ちょっとはバンクさせて走れたたんじゃないでしょうか!?
かなりウレシイですね~。

富○教官、ありがとうございました。


明日(日曜日)も乗れるかなと思ったら、ほとんど教官はお休みの様です。
予約取れませんでした。残念

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 大型二輪教習 | 19:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大型二輪教習(第1段階1時限目)

大型教習初日、1時限目です。

受付に行き、教習簿を受け取りました。今回の教習№は612。
写真は、当然、貼ってありません。今日は「かおなし」です^^;

教習予定を見ると担当教官は富○教官。
普通二輪の時には一度も習った事のない教官ですが、卒検の時に大型の受験者から聞いた話によると、ここの教習所の中で一番上手い(実技も、教え方も)教官らしいです。確かにバイクに乗ってる姿を見たときに段違いに上手いと思っていた教官です。一度教習を受けてみたいと思っていたので、しかもその後の時間も同じ教官なのでラッキーです。^^

教習開始まで10分ありましたが、水を一杯飲んでから、教官の溜まり場に行ってご挨拶。

「やっぱり来ましたね~」

皆さん歓迎ムードです。

「はい、また来てしまいました。ヨロシクお願いします。」

タバコを吸いながら談笑。

ここで、予鈴(開始5分前のアナウンスが流れます。)。

バイク置き場の前に移って、準備運動をしながら教官を待ちます。

1時限目の実施項目は、

1、車の取扱い
5、発進および停止の仕方
8、円滑な発進・加速

となっています。

普通二輪の時は多少ドキドキしながらスタンバイしていましたが、今はだいぶ落ち着いています。。
他の二輪教習者は無し。

ここで富○教官が登場。
体格のがっしりした、ぱっと見イカつい感じですが、実は温和な雰囲気です。
さっき、タバコを吸いながらご挨拶しましたが、改めてご挨拶。

さっそく、教習開始です。

バイク置場から教習車(CB750)を外に出すように指示があり、バックで車庫から出し指定の位置へ。

さすがにデカイし、中型よりさらに重いです!!
750はちゃんと腰を付けて体で支えながら動かさないと怖いですね。
右に傾け過ぎてしまったら、たぶん押さえきれないと思います。

センタースタンドで立てた後、各部の説明がありました。
基本的には変わりはないが、CB400SFとの違いは、ギヤが5速しかないこと(CB400は6速)、チョークがついていること。エンジンスタート時、ニュートラルじゃないとセルが回らないという説明はありませんでした。

これで説明は終了。

引き起こしは無し。(まあ、大丈夫でしょうとのこと。)

「じゃあ、走りましょうか。」

ヘルメット、グローブを装着し、さっそく走行に入ります。

CB750に跨り、(もちろん安全確認をしてからですよ~)、
キーをひねり(ミラーの調整をしてからですよ~)、
ニュートラルを確認してからセルスタート。
すぐに離すと始動しませんでした。ほんのちょっと長めに押していた方がいいかもしれません。

教官の後に続き、発車です。

教官からの指示は、カーブ手前で減速し、ギヤを落としてからカーブへ入ること。
直線では4速まで入れましょう。でした。

発進は大丈夫かいな?と思いつつ、安全確認の後、スタート!!

何とかスムーズなスタートが出来ました。

CB750に跨った印象を感じる間もなくスタートしてしまいました。

バイクの大きさはさほど感じませんが、さすが750。重厚感というか、力強さというか、なんかそういう部分に違いを感じます。格の違いって事なんですかねぇ!?
とても乗りやすい印象です。

そういえば、普通二輪の教習の時はスニーカーで乗っていましたが、今回はトレッキングシューズでの乗車です。かかととつま先部分の間にくぼみがあること、くるぶしを保護することの二点をクリアしていたので、試してみました。履いて乗ってみた印象は、つま先部分がスニーカーより若干大きめなので、多少気になるかなという点を除いては、ステップへの収まりもいいし、問題なさそうです。紐の処理は注意が必要だと思います。
(初心者の判断なので、この辺りで問題があるようであればご指摘下さい。)

やっぱり気持ちイイ!!

しばらく外周をグルグル。右回りから左回りにコースを変え、再び外周をグルグル。

いやあ、やっぱ気持ちいいです。大型も乗りやすいです。(新しいから??)

最初のうちは教官が先導。しばらくすると、併走しながら、加速・減速のタイミングを示してくれます。
今までの教官と違いますね。丁寧に教えて下さいます。

教官から元の場所に戻るように指示があり、停車。

その後、教官のタンデムシートに乗せられ、方向指示の出すタイミング、コース取り等の説明を受けながら、右折、左折、一時停止を取り混ぜながらの練習コースを2周。

再びCB750に跨り、教官の先導でコースを1周、その後は私が前を走り2周し、停車。

「問題ないですね。じゃあ、残り時間は今のコースで練習して下さい。」

今度は単独で走行練習に入ります。3周ぐらいしたところで、終了の合図があり、停車。

「はい、お疲れ様でした。じゃあ、休憩しましょう。」

という感じで、1時限目が終了しました。


いやぁ~、やっぱり楽しかったです。
750に乗っちゃいました~。
重厚感、力強さ、いい感じですね~。
さらに大きなバイクで走ることができました。かなりウレシイです。

富○教官、ありがとうございました。

さあ、一服して、もう一時間です。

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 大型二輪教習 | 17:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教習所へ再入校

ということで、お礼参りのフリをして再び訪れた教習所でしたが、本当の目的は再入校手続きだったのです。

自転車じゃなくクルマで来たのは、教習セットを持って来ておきたかった為です。
手続きをして、すぐ教習に入れるとなった場合、自転車で家まで戻って、出直してくるのも大変かなと。。。

受付にバッグを持って行ったのは、中に印鑑が入っているからです。

計画的な犯行でした。^^;

ちょうど先週の土曜日に卒検を受けて合格し、卒業となったのですが、その後、いろいろ考えていました。

すぐ大型のバイクに乗るわけではないので大型二輪免許は今は必要ない。という事実はあったものの、
  • バイクに乗りたい
  • 新車の大型教習車(CB750)に乗ってみたい
  • 納車までに感覚が鈍るのが心配
  • 公道デビューする前にもっと上手くなっておきたい
  • 限定解除(古い?)への憧れ
  • 継続教習割引がある
  • 雪が降る前に卒業したい

なんていう事を考え始めちゃったら、もうここに来るしかありませんでした。

普通自動二輪の免許を取得するために教習所に入校したのが先月の18日。
今日は18日ですから、ちょうど1ヶ月ということになります。

同じ18日に再入校です。

さっそく、入校申込書を渡され、1ヶ月前と同じ内容を記入。違うのが4カ所。
日付が3カ所と、免許の種類欄です。大型自動二輪に○を付け、捺印して提出しました。
この時、真新しい免許所を一緒に提出しました。

入学金を支払い、ソファーで待ちます。

しばらくして免許証と領収書を返され、さっそく視力検査と写真撮影へ。
1ヶ月前と免許手続きの時に視力検査はやっていましたが、今日も再びやることに。
一応、規則のようです。左目、右目、両目の視力と、色の判別検査(青、黄、赤)を行いました。

その後、写真撮影。

シャッターが切られました。

ストロボが光りませんでした。

一枚目、失敗のようです。

すぐ二枚目を撮るのかと思ったら、なにやら引き出しをゴソゴソと。。。。

ポラのフィルムがない模様です。

フィルムがないので写真が撮れません。

一枚目の写真はというと、やはり暗くて使えないようです。

今日の写真撮影は無くなりました。

次回、再撮影です。

以上で手続きは終了。


教習の予約を入れました。

今日は無理かなと思っていましたが、15:40から2時間の予約が取れました。
一旦、家に帰ってから、その時間に来る事にします。

さあ、再び教習の始まりです。

ポチッ☆とクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへブログランキング・にほんブログ村へ

| 大型二輪教習 | 16:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。